特別訓練生の御案内

パイロット航空・特別訓練生は、パイロット航空指定の航空会社に於いて、飛行操縦訓練費用等を本人が負担して飛行訓練をし、所定のパイロットライセンス(通常は教官免許)を取得し、その後にパイロット航空が紹介し、推薦する航空会社に於いて、航空従事者(パイロット)として勤務する事が保障されている訓練生です。特に海外特別訓練生の場合には、就労に際して労働ビザの申請が約束されている事が前提となります。ただ一つ確認して置きたいのは、労働ビザの申請の判断は例えば米国の場合、米国移民局がその判断を行う事になりますので、申請したからといって、必ずしも絶対ではない場合がある、とお考え戴くのが宜しいかと存じます。