特別訓練候補生の御案内

パイロット航空・特別訓練候補生は、現在すでに何等かの飛行免許を所持しており、パイロット航空指定の航空会社に於いて、飛行操縦訓練費用等を本人が負担して飛行訓練をし、所定のプロパイロット ライセンス(通常は教官免許)を取得し、その後にパイロット航空が紹介し、推薦する航空会社に於いて、パートタイマーのパイロットとして勤務する事が保障されている(運が良ければ正社員として従事する事があるかも知れませんが、保障は一切御座いません)訓練生です。その為、勤務に対する報酬、正社員と比べた場合の待遇、実働の飛行時間等に付いても十分では無い事も有り得ます。ただすでに一部の飛行免許を所持しているという事と、飛行訓練の経験が在る、という事などから、かなり割安な金額でプロパイロットとして従事する事が可能となり、夢の実現に一歩近づける事となります。