就労特別訓練候補生の御案内

パイロット航空・特別訓練候補生は、現在何等かの飛行操縦免許を所持しており、パイロット航空指定の航空会社で働きながら、その会社での就労報酬の一部で飛行操縦訓練費用等を支払い、所定のプロパイロットライセンス(通常は教官免許)を取得し、その後にパイロット航空が紹介し、推薦する航空会社に於いて、パートタイマーのパイロットとして勤務する事が保障されている(運が良ければ正社員として従事する事があるかも知れませんが、保障は一切御座いません)訓練生です。すでに何等かのパイロットライセンスをお持ちなので、プロに成るまでにはさほど期間を要しないかと存じます。ただ就労特別訓練生と同様、働きながらプロの資格を得るというのは、決して簡単な事では御座いませんので、しっかりとした覚悟が必要となるかと存じます