就労特別特別訓練生の御案内

パイロット航空・就労特別訓練生は、パイロット航空指定の航空会社で働きながら、その会社での就労報酬の一部で飛行操縦訓練費用等を支払い、所定のプロパイロットライセンス(通常は教官免許)を取得し、その後にパイロット航空が紹介し、推薦する航空会社に於いて正社員航空従事者(パイロット)として勤務する事が保障されている訓練生です。当然の事ながら当該勤務航空会社が海外であれば、その国の就労ビザの申請も保障されるという事になります。ただその結果に付いては、それぞれの移民局がその判断を決めるので、結果が絶対に出るとは限らない、という事になります。ただ勤労報酬の中から飛行訓練費用等を出しますが、その金額の為、労働期間がやや長くなるという事が御座います。