操縦訓練の御案内


 現在パイロット航空が独自で行なっている操縦訓練地域としては
グアムとサイパンになります。
太平洋のマリアナ諸島に位置するグアム島、サイパン島での訓練は、
大きく分けて二つの特徴が御座います。
まず第一の特徴は、日本から一番近い米国・FAA(米国連邦航空局)の免許が取得出来る所ですので、日本から通いながら訓練が出来る、絶好の位置に御座います。成田空港をはじめとして日本の各地の空港からグアム、サイパンへ、又コンチネンタル航空をはじめ各航空会社がフライトをしており、尚且つ飛行時間が約3時間20分位で、時差も1時間と、訓練に赴くには非常に恵まれた環境に御座います。
二つ目の特徴は、グアム・サイパン共飛行訓練には、必要且つ十分な条件に本当に恵まれた素晴らしい環境であるいう事です。この条件に付きましては、日本の方々には理解し難いほど恵まれております。主な点を上げるとまず天候が御座います。飛行機の操縦訓練は、天候が良い事が不可欠ですが、年間を通してその約90%以上が飛行可能な天候と言えます。また、夜間飛行、計器飛行の訓練などについても何時でも(空港は24時間オープン)、幾らでも(例えば離着陸訓練は無料)可能となっております。世界の訓練地でも屈指の飛行環境であると言えます。これらの事から日本の皆様が日本から通いながら、飛行機の免許を目指すには、最高のデストネーションに挙げられるかと存じます。尚、パイロット航空ではグアムとサイパンどちらでも会員として飛行訓練が可能で御座いますので、一層便利ではないかと存じます。ただ、長期に滞在が可能な方、若しくはお仕事の関係で現地に滞在をされる方々は、その地に於いて、ライセンスを目指されるのが費用の点からも、ベストではないかと存じます。日本から仕事の関係で長期に滞在が出来ない様な方々には、ぜひ当地グアム、サイパンでの訓練をお勧め致したいと存じます。グアム、サイパンの会社の詳しい内容は、下記に会社のホームページが御座いますのでそれをクリックしてご覧戴きたいと存じます。

グアム
 MICRONESIAN AVIATION SYSTEMS,INC.



サイパン 
 MICRONESIAN AIR SAIPAN,INC.