航空学科講習の御案内


 パイロットライセンスの取得に際しては、基本航空学科講習が全体の努力の約7割と言われております。

それだけ基本的な航空知識や、地上での操縦に関するブリーフィングが、実際上の訓練に大きな意味を持つ事になります。
パイロット航空では、基本的に4つのパターンでの学科講習を行っております。

 まず第一は、訓練地に於いて、担当の飛行教官から行われる学科講習が御座います。現地で、皆様の訓練に添った形で、必要に応じて行なわれます。

二番目は、皆様のお近くの当社日本事務所にて、基本的な学科講習を行います。各事務所にて、今後の飛行訓練スケジュールなどをお話しながら、学科講習を行います。
ただまだ現在日本では二ヶ所だけで御座いますので、皆様のご期待には十分お答えする事が出来ないのが残念で御座います。

三番目は、皆様のお近くの所に在籍する当社契約の航空学科教官が皆様と打ち合わせた場所へ出向き、必要な或いは皆様が希望する航空学科講習を行う、航空学科教官出張支援サービスが御座います。


四番目は皆様のご自宅のコンピュータと、当地グアム、サイパン、東日本事務所、西日本事務所の担当教官とインターネットテレビ電話にて行う航空学科講習です。


特に四番目のインターネットテレビ電話に依る学科講習は、皆様のご都合の良い時(例えば会社から帰った後の、夜の時間など)に、良い場所(例えば自宅のお部屋など)で、お好きなスタイル(例えばコーヒーでも飲みながら)で行う事が出来る、大変便利な講習かと存じます。ぜひ皆様のお好きな方法、スタイルで学科講習をお受けになり、飛行訓練と航空知識がより確実なものとになります様希望しております。さらに細かい内容に付きましては各項目をクリックしてご覧下さい。