ホットニュース2009      


2009-048          小菅教官が年末年始の前、日本へ里帰りを致します。

         何時も訓練生の皆様にご愛顧を戴いております飛行教官の小菅さんが、12月17日より
         12月21日まで、日本へ本年最後となる里帰りをさせて戴きます。年末年始で忙しくなる
         前の時を選んで、しばしお休みを取らせて戴きます。大変恐れ入りますが、上記期間の
         飛行訓練に付きましては、他の教官にて実施をさせて戴きますので、何卒ご了承の程、
         宜しくお願い申し上げます。

                                                   2009年12月9日


2009-047  
日本支店での学課教官に新たに久保 教官に参加を戴ける事に成りました

        
東京近郊の訓練生の皆様には朗報です。現在東京近郊のMAS学課教官は、現在まで
        土井 教官(インターネット講習も可能)、中野 教官、守岡教官が在籍をされていますが
        この度新たに久保教官にもご協力を戴ける事に成りました。東京近郊の当社訓練生の
        皆様で、グランドスクールを飛行訓練に先立ち、日本で予め、すすめ様とおお考えの方は
        ぜひ当社日本支店(代表小柳)まで、お申し込みを戴きたいと存じます。グランドスクール
        (航空基礎知識講習)をしっかりとやる事は、皆様の飛行実技訓練に於いて効果的であり
        必ずライセンス取得に於いて、役立つものと存じます。ただそうは言っても、そう簡単には
        学課講習に時間が割けないのが実情です。そういう様な時に、自由に訓練生の皆様と
        教官とでご都合の良い時簡にスケジュールを決めて実施する個人学課講習は大変便利で
        有効な手段かと存じます。どうぞ奮ってご利用を戴ければと存じます。ギャランティーコース
        を含む各訓練生の皆様には、グアムへお越しの際、出来るだけ学課講習を実施致したいと
        思っておりますが、一方飛行訓練には、ぜひとも集中致したい所です。その為、日本に居る
        時に出来るだけ学課講習を受けておく事をお勧め致します。ぜひ一度お時間が可能な時に
        お試し学課講習をお受けに成られたらと存じます。その結果は、必ず皆様のモチベイション
        を高め、そして何と言っても飛行知識の実力が身に付き、結果、飛行訓練に効果的に作用
        するものと考えます。どうぞ奮ってご参加をされます様、ご案内申し上げます。
         学課講習の詳細(料金や内容等)に関しましては、マイクロネシアン・エア日本支店(代表
        小柳)090-9390-8565までお尋ね下さい。どうぞ奮ってご利用を戴きたいと存じます。

                                                  2009年12月04日


2009-045   プライベート・オーラルイグザムガイド(Plivate Oral Exam Guide)日本語訳

           
訓練生の皆様に画期的な朗報(グッドニュース)が入って参りました。訓練生が実地試験
        を受ける際に、オーラルテスト(口頭試問)を受ける事になりますが、その際、試験管である
        ディルクスさんは、必ずasaのオーラル教材(PLIVATE ORAL EXAM GUIDE)を使用して質問
        を致します。その教材の日本語訳を当社特別訓練生の稲留訓練生が苦労して全体の50%
        位を頑張って翻訳致しました。その後に続いて、日本支店で学課講習を担当している教官に
        その残り分とそれ迄の分の校正をして戴き、この度全問の翻訳が完了致しました。之により
        本教材が、一層のオーラル対策の強化に繋がるものと確信致します。ご自分なりに翻訳をし
        その意味を理解し、勉強を行う上で、必ずや本教材がお役に立つものと存じます。この度の
        教材の翻訳及び校正に全面的にご協力を戴いた中野教官にこの場をお借りしまして心より、
        厚く御礼を申し上げます。現在中野教官は、横田基地にて飛行の指導してもおられます。
         そういう訳で、訓練生の皆様で、オーラル教材(PLIVATE ORAL EXAM GUIDE)に付いて
        全ての翻訳の閲覧をご希望の方は、当社ブリーフィングルームにて公開を致しております。
         どうぞ何時でもご自由に、ご利用を戴きたいと存じます。尚、翻訳教材は、1問毎に1ページ
        づつがプリントされており、本人の学習の進行状況が簡単に判りやすく成る様に致しており
        ます。その為に、学習計画も非常にしやすく便利かと存じます。どうぞ奮ってご利用下さい。

                                                    2009年11月23日


2009-046   
MASグアム空港事務所に新たに日本語予約専用電話回線を増設致しました。

        
当社グアム事務所に、新たに予約受付電話回線1-671-473-1515が稼動を開始
        致しました。今までの電話回線に加えまして、ぜひ当社への飛行スケジュールの予約確認
        遊覧飛行・体験操縦飛行のご予約等の電話連絡にご使用下さい。本回線も原則、24時間
        稼動を致しております。
         念の為、今迄使用の電話回線も含め、下記に番号案内を記しますので、ぜひ一度ご確認
        を賜りたいと存じます。

        MASグアム事務所一般代表電話番号:        1-671-473-9595

         
○MASグアム事務所日本語予約専用受付電話番号: 1-671-473-1515
        ※本番号が、今回新たに増設した回線の番号です。

       ○MASグアム事務所日本語予約受付電話番号(旧): 1-671-649-2313
        
※現在も本番号は使用致しております。が、一般告知は致しておりません。

       ○MASグアム事務所
FAX電話番号:           1-671-473-9596

       ○
携帯電話日本語受付専用電話番号:         1-671-687-1515


         現在当社で使用の電話番号は、上記の通りと成っております。
        何卒宜しくお願い申し上げます。

                                                   2009年11月22日


2009-045  
 プライベート・オーラルイグザムガイド(Plivate Oral Exam Guide)日本語訳

         訓練生の皆様に画期的な朗報(グッドニュース)が入って参りました。訓練生が実地試験
        を受ける際に、オーラルテスト(口頭試問)を受ける事になりますが、その際、試験管である
        ディルクスさんは、必ずasaのオーラル教材(PLIVATE ORAL EXAM GUIDE)を使用して質問
        を致します。その教材の日本語訳を当社特別訓練生の稲留訓練生が苦労して全体の50%
        位を頑張って翻訳致しました。その後に続いて、日本支店で学課講習を担当している教官に
        その残り分とそれ迄の分の校正をして戴き、この度全問の翻訳が完了致しました。之により
        本教材が、一層のオーラル対策の強化に繋がるものと確信致します。ご自分なりに翻訳をし
        その意味を理解し、勉強を行う上で、必ずや本教材がお役に立つものと存じます。この度の
        教材の翻訳及び校正に全面的にご協力を戴いた中野教官にこの場をお借りしまして心より、
        厚く御礼を申し上げます。現在中野教官は、横田基地にて飛行の指導してもおられます。
         そういう訳で、訓練生の皆様で、オーラル教材(PLIVATE ORAL EXAM GUIDE)に付いて
        全ての翻訳の閲覧をご希望の方は、当社ブリーフィングルームにて公開を致しております。

          
どうぞ何時でもご自由に、ご利用を戴きたいと存じます。尚、翻訳教材は、1問毎に1ページ
        づつがプリントされており、本人の学習の進行状況が簡単に判りやすく成る様に致しており
        ます。その為に、学習計画も非常にしやすく便利かと存じます。どうぞ奮ってご利用下さい。

                                                   2009年11月21日


2009-044         
MAS
空港事務所の外に、とても綺麗なトイレが出来ました。

         当社空港事務所では左程関係はないのですが、従来フリーダム・エアが使用していた
        大きなトイレが改装されまして、とても綺麗にシェイプアップされ、外側からも自由に出入り
        する事が出来る様に成りました。使用出来る人数も多く、且つ、男女に分かれております。
        その為、当社事務所のトイレが使用中の様な場合には、ぜひご利用戴ければと存じます。
        フリーダム・エアの事務所とハンガーに隣接してはおりますが、一般の方々が使用出来る
        施設で御座います。どうぞご利用を戴きたいと存じます。

                                                 2009年11月20日


2009-043        
会社の宿舎(アパートメント)の電話番号変更の知らせ

         特にギャランティーコースの皆さんにご利用戴く事が多いかと存じますが、当社宿舎の
        電話番号を変更を致しました。今迄使用していた電話番号以前に、使用しておりました
        番号で
1-671-649-3702と成ります。之により従前使用687-7557の番号は
        新たに事務所にて、皆様にご利用戴く事になる携帯の電話番号と成ります。これからは
        当社宿舎にお泊りの皆様の、アパートでの電話番号は上記の通り
649-3702と成り
        ますので、ご家族へのご連絡先等を残す場合には、どうぞご注意を戴きたいと存じます。

                                                 2009年11月19日


2009-042        
新しく冷却式レモネードジューサーが、事務所に登場しました。

         会員の皆様、いかがお過ごしでしょうか。当地グアムは時折スコールはあるものの、ここ
        数週間は連日晴天が続いており、快調に飛行を続けております。11月も半ばを過ぎ、当地
        グアムのお店は早くもクリスマスの飾りつけが始まっております。当社も、12月年末年始の
        準備の為に、徐々に様々な準備を整えて来ております。その中で、皆様が飛行後にご利用
        戴いております、ドリンクのレモネードに付いて、専用のジュースメイカーを用意を致しました。
        皆様のフライト後に、ぜひジューサーで十分冷やされたレモネードをたっぷりとお召し上がり
        下さい。皆さんにお召し上がり戴く為に用意をされたもので御座います。どうぞご利用下さい。

         それでは、徐々に年末も近づいて参りますこの次期、どうぞ健康に十分注意され、そして
        事故等にまきこまれません様にご注意の上、ご活躍を戴きたいと存じます。年末から年始に
        掛けまして、ご都合が付く様でしたら、ぜひフライトをしにお越し下さい。皆様のお越しを心より
        お待ち致しております。冷たいレモネードジューサーが皆様をお待ちしております。(笑い)

                                                   2009年11月18日


2009-041       
GLORIA COLEMAN (AKA "GIGI)さんが、本日ソロに出ました。

         訓練生の皆様の中にはご存知の方もお出でかと思いますが、ローカルの女性の訓練生で
        美人(既に奥様です。残念)訓練生のGIGIさんが、本日朝、見事ファーストソロに出られました。
        私がお客様のピックアップから戻ると、事務所のカウンターでレモネードを飲みながらニコニコ
        しながら、ソロに出ました、と話されました。GIGIさんは、ATCがとても綺麗でクリヤーに聞こえ
        ておりましたので、後は操縦が上手く行けばと思っておりました。ここ数日天気は良かったの
        ですが、風がやや強く、それでもきちんと着陸をしていたという事で、ソロはオーケーと教官に
        聞いておりました本日は天気はよく、しかも風も左程無く、絶好のソロ日和という事で、多分、
        本日はチャンスではないかと思っていましたら、案の定、ソロに出られました。やはりソロの前
        は、集中しての飛行訓練が効果的かと思います。最近、連日早朝訓練をされていたので、ソロ
        は近いと思っておりましたが、やはりでした。日本から通いながらの訓練生の皆様は、今回の
        GIGIさんの様に手軽に飛行しに来られて、コンスタントに練習を続けるというのは難しいかとは
        存じますが、ぜひその分、日本でのイメージトレイニングをお続けになられて、GIGIさんの後を
        追ってソロを目指されて下さい。GIGIさん、ファーストソロおめでとう御座いました。

                                                    2009年11月11日


2009-040            
お陰様で当社は創立から、23年目に入りました。

         お陰様を持ちまして、当社マイクロネシアンアヴィエイションシステムズ株式会社は、設立から
        本日11月1日に、23年目に入りました。この間、9.11ニューヨークテロ等、幾つか大変厳しい
        局面が御座いましたが、無事に今日まで来られましたのも、皆様からの多大なる暖かいご支援
        そしてご厚情の賜物と存じます。ここにあらためまして、厚く御礼と感謝を申し上げます。
        
         これからも、会社、社員一同、一層努力して、安全運航とサービスの向上に努めて参ります。
         今後共なお引き続き当社に対しまして、暖かいご厚情とご支援、そしてご愛顧を賜ります様、
        お願い申し上げます。
        重ねまして、御礼を申し上げますと共に、これからもどうか何卒宜しくお願い申し上げます。

                                                       2009年11月1日

         MICRONESIAN AVIATION SYSTEMS,INC.

         代 表     宮 治    稔


39            
フューエルサーチャージ料金が変更と成ります。

         日頃は当社の機体をご利用戴き、誠にありがとう御座います。機体の方はお陰様を持ちまして
        元気に活躍、飛行致しております。本年もあと2ヶ月と僅かを残す時期と成りましたが、皆様には
        いかがお過ごしでしょうか。ぜひ年内、そして年末年始にと、皆様のご都合が付くようでしたら、
        ぜひフライトにお越し戴ければと存じます。スタッフ一同、お越しを楽しみにお待ち致しております。

         さて早速ですが、さる10月23日獲得の航空ガソリンから、その費用がいっきに1ガロン辺りに
        付き70セントの値上がりを致しました。大変な値上がりで御座いまして、当社としても大変驚いて
        おりますが、いかんせん選択の余地が無いのが現状で御座います。その為大変残念では御座い
        ますが、やむなく来る2009年11月1日より、機体レンタルの際のフューエルサーチャージ料金
        を下記の様に変更をさせて戴く事となりました。皆様に於かれましては残念な結果かと存じますが
        何卒ご理解とご了承を賜ります様、お願い申し上げます。

        
セスナ152型フューエルサーチャージ 1時間辺り 14.5ドル

        
セスナ172型フューエルサーチャージ 1時間辺り 16.5ドル

                                                      2009年10月26日


2009-038    
年内最後の特別キャンペーン《ギャランティーコース》を実施しております。

         これからパイロットライセンス取得をお考えの皆様に、当社から年内最後の特別キャンペーン
        実施のお知らせです。皆様取得をご検討のプライベートパイロットライセンス、インストゥルメント
        レイティングに対し、今月の31日迄にお申し込みをされますと、各ギャランティーコースに対して
        値上げ前の料金で購入出来ると同時に、カードでのお支払い、ならびに分割支払いをご希望の
        方々に対し、それら全ての手数料の免除をさせて戴きます。今ドルに対し円が高い事もご判断
        を戴くには絶好の好機ではないかと存じます。ぜひこの機会を逃す事無くお申し込みを戴ければ
        と存じます。値上げ前の料金と、11月1日から値上げ後の料金を下記に記します。

        プライベートパイロットギャランティーコース【 A 】 
                                              
新料金: 13,350ドル
                                              旧料金: 12,750ドル
        プライベートパイロットギャランティーコース【 B 】
                                              
新料金: 16,350ドル
                                              旧料金: 15,750ドル
        インストゥルメントレイティングギャランティーコース【 C 】
                                              
新料金: 14,350ドル
                                              旧料金: 13,750ドル
        インストゥルメントレイティングギャランティーコース【 D 】
                                              
新料金: 17,350ドル
                                              旧料金: 16,750ドル
        ※【B】及び【D】コースは、宿泊日、送迎費、交通費そして各試験諸費用が含まれたコースです。

         どうぞ奮ってお申し込みをされます様、お待ち致しております。尚、内容に付き、ご不明な点が
        御座いましたら、何なりとグアム事務所、若しくは日本支店の方にお尋ね下さい。

                                                      2009年10月12日


2009-037           
アンダーソン空軍基地航空祭が10月7日に行われました。

         グアム島唯一の空軍基地であるアンダーソン基地での航空祭が行われました。実は9月30日に
        実施の運びでしたが、天候悪化により中止と成りました。これでもう今年の航空祭は無くなるのかと
        思っていた矢先、ラジオと、そして当社の訓練生でアンダーソン基地にお勤めのロバートさんから、
        基地祭実施のお知らせが在り、当日私と特別訓練生の方、そしてちょうど当日朝、グアムに到着を
        された運の良い訓練生の方をお誘いし、アンダーソン基地の航空ショーにとで出かけて参りました。
         当社の飛行は小菅さんに全てお願いし、私たち3人は、基地のゲートが12時オープンという事で、
        11時にアンダーソン基地に向かいました。途中昼食をしてないので、途中マックの在るガススタンド
        で昼食を買い込み、基地に向かいました。基地ではゲートをフリーパスで通過し、基地の中に設けて
        在る駐車場まで行き、そこで駐車すると共に、車内でマックを食べました。というのは、車の外は雨で
        しばらく降り続くと思われましたのでその様に致しました。今日の天候も飛行には怪しい趣でしたが、
        昼食を食べ終わった頃雨も止み、飛行機の展示場へと向かいました。予報のTAFでは14時30分頃
        からは天候は良くなる予報であったので、それを大変期待しておりました。展示場の入り口で手荷物
        等のセキュリティーチェックが行われておりましたが、ちょうどそこに当社の訓練生のロバート氏がおり
        我々をエスコートしてくれましてすんなり入り口を通過を致しました。
         当日の展示機はそう多くは御座いませんでしたが、それでもF-15戦闘機2機(まじかで触れる)と、
        そしてF-22ステルス戦闘機2機(この機体の周りにはロープが張って在って近くで見るだけ)、更には
        B-52爆撃機1機とC-17輸送機1機が展示をされておりました。尚戦闘ヘリコプターも1機展示をされて
        おりました。又駐機場にはサンダーバードのF-16が6機、整然と並んでおりました。見た目随分小柄な
        機体の様に感じました。スケジュールでは14時30分頃からサンダーバードのデモ飛行が行われる予定
        で御座いましたが、あいにくの雲が多い天候で、実際のデモ飛行開始は夕刻15時頃にエンジンを始動、
        6機並んでタクシーをして24Rのランウェイエンドまでタクシーをして行きました。その時点での上空の天候
        はセスナでもあまり飛びたくないという感じの天候で、それよりも早い速度と大きな旋回半径のジェット機
        では無理ではないか!と思っていたら案の定、離陸はスタンバイとなり、そのまま1時間以上もランウェイ
        エンドで天候の回復を待っておりました。(そのままエンジンは掛けっぱなしだったのでしょうか?)漸くに
        天候が不十分ではありますが、回復し今がチャンスとばかり、彼らのF-16、6機は次々と離陸を開始して
        行き、デモ飛行が始まりました。デモ飛行を観ていて、まるでセスナ172の旋回半径にて各デモ飛行をして
        いる様なな感じで、周りを雲で囲まれた中でのデモ飛行で、大変厳しい中での飛行とは思いつつも、私に
        とっては久々に気持ちの良いというか快感に近い心地よさを持って彼等の飛行を観ておりました。多分
        サンダーバードのパイロットの皆さんは、この天候ではあまりやりたくないのではないかと、自称セスナの
        パイロットである私も気に掛ける様な天候の中を、見事に科目を限定し、迫力のある飛行ショーを見せて
        戴きました。
         航空ショーを観終わって、皆さんが帰りの途につくのですが、中々車が動かず、動き出してから約1時間
        位して漸く基地の外に出ました。アンダーソン基地の航空祭の大体の状況は以上の通りです。実は本年
        の9月30日の当初の航空ショーの予定日には、それらを見込んで、当社の訓練生の方々の内4名様が、
        今回の航空ショーの見学と訓練を兼ねてお越しに成られました。が、あいにくの台風もどきの悪天候により
        航空ショーは無論の事中止となり、また当社での飛行訓練も出来ずにお帰りに成られました。大変お気の
        毒な事で御座いました。その為、今回の航空ショーに関しては、敢えて皆様には再度のお知らせを致しま
        せんでした。どうぞ悪しからずご了承を賜りたいと存じます。アンダーソン基地の航空祭が何時も雨季の頃
        に行われるのも中々今回の様に天候により、不十分な事となってしまうのも止むを得ないのですが、次回
        にはぜひ晴天に恵まれる天候の中での実施となる様、期待しております。今回F-22、そしてF-15のデモ
        飛行が観れませんのがやや残念でした。
         次回のアンダーソン基地の航空祭の情報が入りましたら、ぜひ皆様にいち早くお知らせを致したいと存じ
        ます。

                                                              2009年10月9日


2009-036                
ギャランティーコース料金変更のお知らせ

         パイロットライセンス取得にご関心をお持ちの皆様で、近々訓練を開始しようとお考えの皆様、更に
        その内に訓練を開始したいが、出来るだけキャンペーンや割安な時期に訓練費用を支払っておいて
        仕事の都合が付いた時点で直ぐに訓練を開始しようとお考えの皆様に、今回これらの様な事をぜひ
        ご検討を戴く際の絶好の情報をご案内致したく、下記内容をぜひ一度、ご覧戴ければ幸と存じます。

         当社では、さる2009年9月1日より、各教官料金を変更をさせて戴いておりますが、それに伴って
        来る
2009年11月1日より、プライベートライセンス訓練費用ギャランティーコース、インストゥルメント
        レイティング訓練費用ギャランティーコースの各料金それぞれを変更させて戴く事と成りました。
         これに伴い、来る
2009年10月10日より10月31日までの間、各ギャランティーコースお申し込み
        のお客様に対し、特別キャンペーンを実施致します。飛行訓練開始をご検討の皆様はぜひこの機会を
        逃される事無く、お申し込みをされます様、お勧め致します。

         現在為替レートは1ドル89円という事で、訓練費用(ドル建て)を円にてお支払いをするには絶好の
        タイミングかと存じます。更にギャランティーコースの料金が値上がりする前にお支払いをして置く事で、
        従来の値上げ前の金額で契約する事が出来るメリットが御座います。
         更に今回
特別キャンペーンとして、クレジットカードにてお支払いの際の手数料、更には分割払いの
        際に掛かる分割手数料を無しとさせて戴きます。
ぜひこの機会に一歩を踏み出されて、訓練開始へと
        進まれる事を心よりお待ち致しております。なお、金額等詳細は、ぜひ当社直接かまたは、日本支店
        小柳迄ご連絡を戴ければ詳しくご案内申し上げます。今迄訓練開始に付きご検討をされて来た皆様は
        ぜひ共この機会を捕らえて、お申し込みを戴ければ誠に幸と存じます。ご連絡をお待ち致しております。

                                                         2009年10月6日


2009-035        
訓練生の中山 登美雄さんがプライベートライセンスを取得されました。

         9月23日朝8時から、訓練生の中山さんは試験管のディルクスさんによる、プライベートライセンス
        のチェックライドを受けられて、見事合格致しました。中山さんは大分以前から当社で訓練をされて
        おられた方ですが、途中約5年間のブランクが空いておりました。その間は例の9・11テロや、大型の
        台風など幾つもの問題が起こりました。又お仕事の都合等の事情もあり、5年ぶりに集中されて今回
        のチェックライドに漕ぎ着けられました。9月23日は、当初オーラル試験を受けてパスをされましたが
        あいにく当日の天候はあまり良くなく、時間を午後4時頃に延長もされましたが、回復せず、結果翌日
        の朝7時からという事になり、その日は朝4時から当社事務所にお越しに成られ、ウエザー、ノータム
        そして上層の風をインターネットで調べてテニアンまでのフライトプランを作成し、7時にお越しに成る
        予定のディルクスさんを待ちました。7時に少し遅れて試験管が見え、チェックライドに入りました。
        当日は前日と比べるとグット天候も回復し、まずまずの状況で昨日の天候から比べるとはるかに良く
        成りました。試験完了後、担当教官も呼ばれてブリーフィングが在りましたが、クロスウインドでの着陸
        を褒められたそうです。試験終了後、初のパイロットとしてのソロ飛行を希望されましたが、訓練生の
        訓練が続き、152での飛行が叶わず、結果としてセスナ172を教官と離着陸訓練を兼ねて、次回の
        渡航での友人やご家族を乗せる為の練習をされました。次回はお知り合いの皆様とお越しに成られて
        招待飛行を計画されているとの事です。ぜひお楽しみを戴きたいと存じます。
         今回の中山様の様に途中ブランクが空いていても、ぜひお時間が出来ましたら、ぜひとも訓練を再開
        されて、最終のライセンス取得を目指されて戴ければと存じます。当社は何時でも、心より皆様の訓練
        の再会をお待ち致しております。どうぞ諦める事無く、ご検討を戴ければと存じます。ぜひ今回の中山様
        の様に結果を求めて戴きたいと希望致しております。その日の夕刻、中山様により夕食のご招待を教官
        スタッフ、そして他の訓練生も、そして私も参加をさせて戴き、久々に美味しいステーキをご馳走になり
        ました。その席上、中山様が、事を成し遂げた満足感を本当に味わっているようで、表情や言葉からも
        受け取る事が出来ました。中山さんは、チェックに至るまでの準備をしっかりと確実に進められ、更には
        時間も常に十分な余裕を持って進められるのを観て、多分日頃のお仕事でもその様に確実にこなされて
        いると感じました。翌日早朝172でソロ飛行をされて帰国の途につかれました。自己実現という言葉が
        御座いますが、今回の中山様も多分、その様に感じたのかも知れません。ぜひ他の訓練生の皆様も、
        ぜひ中山さんに続いて、ライセンス取得を目指して戴きたいと存じます。なお、之は余談ですが、中山様
        もギャランティーコースを申し込んで置けば良かったなーと言われましたが、意外と後になってから、この
        ギャランティーコースの価値の再確認をされる方々がお出でです。併せてご検討をされる事をお勧め致し
        ます。中山さん、プライベートライセンス取得、おめでとう御座いました。

                                                           2009年9月26日

2009-034        ブラナム 礼(BRANNAM RAY)さんが、ファーストソロに出ました。
        

        
   9月20日、シルバーウイーク中に訓練にお越しに成られていたブラナムさんが遂にファーストソロ
        を達成されました。前回8月にお越しに成られた時には、あと一息でソロに出れそうでしたが僅かで
        及びませんでした。今回はぜひともソロを達成するとの気持ちで望みまして、訓練開始から3日目で
        教官のソロエンドースを得て、遂に念願のファーストソロと成りました。ブラナムさんは日本から当地
        へお越しに成って訓練をされております。アメリカ人なので当然ながら英語はペラペラで,ATCも問題
        無くこなされておりましたが、残る着陸の安定性が課題でした。今回は、何としてもソロに出るという
        心意気と共に離着陸の集中訓練の成果が実ったのか、今回の結果と成りました。その後何度かソロ
        を続けて飛行されておりますが、ニコニコして飛行機に向かう彼の顔が印象的でした。次回の渡航は
        クロスカントリーの訓練に入るという事です。ATCが得意なだけに、これからの訓練はスピードアップ
        をされて行くものと推察致します。ぜひこれからソロを目指す皆様も、ブラナムさんの後を追ってソロを
        目指して戴きたいと存じます。ブラナムさん、ファーストソロおめでとう御座いました。

                                                         2009年9月24日



2009-033                ATC録音サイトの追加に付いて

         9月20日よりアガナタワーATCを、TOWER最新版【3】にアップロードを開始しております。
        TOWER最新版【2】には、既に100本を超える録音ATCをアップロードをし、皆様に提供を致し
        ております。
又9月
21日からは、アガナATISを、ATIS最新版【2】にアップロードを開始致し
        ております。既にATIS最新版【1】には、105本の録音済みATISがアップロードを致しており
        ます。
日々最新のATCを録音、アプウロードを致しておりますので、訓練生の皆様は、ぜひ本ATCを
        ご利用戴ければ幸と存じます。        
         上記新規録音各ATCの視聴をご希望の皆様は、新視聴アドレスをお知らせ致しますので、当社迄
        お申し出下さい。
新アドレスをメールに添付をする形でお知らせ致します。特にATCをマスターしたい
        とお考えの訓練生の皆様に於かれましては、本録音ATCのモニターは、きわめて飛行訓練に有効
        かと存じます。ぜひ共ご視聴をされます様、お勧め致します。今回の録音では音質もかなり改善され、
        且つ音声起動にて録音された内容は、ヒアリングの時間短縮とも成り、本当に便利なATCの教材
        なっております
。どうぞご利用を戴きたいと存じます。

                                                          2009年9月20日


2009-032          
  アンダーソン航空基地エアショーが9月30日に 

         来る2009年9月30日、アンダーソン航空基地にてエアショーが行われる予定です。本年は、今噂の
        F-22や、そして米空軍のアクロバットチームのサンダーバードが見れそうです。今から8年前に成ります
        でしょうか9.11テロがあった年、アンダーソン基地にて航空ショーが行われる予定で、その際、同基地
        からの要請で、当社のセスナ機をアンドーソン基地祭に展示する予定でした。当社としてもアンダーソン
        基地へ飛行し、着陸出来る絶好の機会という事と、当社を紹介出来る機会という事でその要請に応じ、
        飛行を計画致しておりました。が、例のテロにより航空ショーは中止と成り、大変残念な結果と成りました。
         グアムのローカルの方も、アンダーソン基地の航空祭は大好きで、当日は相当混雑が予想されます。
        ですので、もしご参加をご予定の皆様は、当日は朝から基地に行かれる事をお勧め致します。実の所
        本当は、私自身もぜひ行きたいと思っているのですが仕事があり、多分遠くから、ジェットが飛行する
        のを観るだけかも知れません。皆様でご関心のある方はぜひお越し下さい。詳細は、下記のアドレス
        にてお調べを戴けます。

         http://www.andersen.af.mil/news/story.asp?id=123140404

                                                            2009年9月1日


2009-030            インストラクター料金の変更に付いてのお知らせ

         来る2009年9月1日より飛行教官代、計器飛行教官代、グランドスクール教官代それぞれに付き
        料金の変更をさせて戴きます。下記に、各旧料金、新料金を記しますので、何卒ご確認を賜ります様、
        お願い申し上げます。なお今回の料金変更は、グアム本社での料金変更となり、日本支店で実施する
        学課講習に付きましては、本対象外と成りますので、どうかご承知置き下さい。
         グアムでも労働の最低賃金が大幅に上昇され、又当社でもスタッフの人件費の上昇に伴い、今回の
        お願いと成った次第で御座います。どうかご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

             飛行教官(CFI)代       
                                旧料金 飛行1時間辺り  32ドル

                                新料金 飛行1時間辺り  38ドル

             計器飛行教官(CFII)代     
                                旧料金 飛行1時間辺り  34ドル

                                新料金 飛行1時間辺り  40ドル

             学課講習教官代(CFI、CFII共)
                                旧料金 飛行1時間辺り  32ドル

                                新料金 飛行1時間辺り  38ドル

          以上が新料金と成ります。
         尚、通常教官代のブロックタイムは、キャンペーンの時以外は、原則として取り扱っておりませんが、
         もし訓練生の皆様で、値上げ前の価格での教官代ブロックタイムを購入ご希望の皆様に対し、本日
         より2009年8月31日迄に、お支払いを戴く事を前提に、この度特別キャンペーンとして、旧各教官
         料金にてのブロックタイムの販売をさせて戴きます。購入ご希望の皆様は、どうぞお申し込み下さい。
         ブロックタイムのお支払いは、日本支店、若しくはグアム本社の方にて承っております。

          参考ブロックタイム購入例: 飛行教官(CFI)代 10時間ブロックタイム購入の場合
                            32ドル/時間 × 10時間 = 320ドルと成ります。
          
          それでは、グアムより皆様の訓練へのお越しを楽しみに、お待ち致しております。

                                                           2009年8月10日



2009-031              
訓練生の桑原さんが、念願のソロに出ました。

         
昨日の朝、訓練生の桑原 さんが、見事念願のファーストソロに出ました。彼は強くソロに出たいと
        日頃から希望し、目指しておりました。が、中々その機会が訪れずに、今回の渡航に於いても厳しい
        様な感じではおりましたが、滞在を更に1日延長し、その実現に掛けておりました。そういう彼の思い
        が通じたのか当日の空は晴天の青空、しかも風はほとんど無く絶好のファーストソロ日和と成りました。
         朝一番の訓練飛行を終え、その後、遂に教官からファーストソロの許可がおり、そして見事にソロ
        飛行を完了致しました。よく努力をし、よく教官にも質問し、人一倍ファーストソロに掛ける熱意は十分
        感じておりましたが、之まで中々その努力が報われる事無く今回まで来ておりました。彼のソロの時
        ATCを聞いておりましたが、とても楽しそうに聞こえました。何と言ってもファーストソロです。今後は
        ぜひ之を機会に、より一層確実な離着陸技術の体得と、そして他のトラフィックを確実に確認出来る様
        な余裕のあるATCを身に付けて戴きたいと存じます。今後更にこのソロ実現を契機に、更に一層大きく
        ライセンス取得に向け、前進をして戴ける事を希望しております。ぜひ他の訓練生で、未だソロを達成
        出来てはおられない皆様は、ソロに出る苦労とポイントを、ぜひ桑原様からお聞き戴けたらと思います。
         念願のファーストソロ達成、桑原様、おめでとう御座いました。

                                                          2009年8月17日


2009-030            
インストラクター料金の変更に付いてのお知らせ

         
来る2009年9月1日より飛行教官代、計器飛行教官代、グランドスクール教官代それぞれに付き
        料金の変更をさせて戴きます。下記に、各旧料金、新料金を記しますので、何卒ご確認を賜ります様、
        お願い申し上げます。なお今回の料金変更は、グアム本社での料金変更となり、日本支店で実施する
        学課講習に付きましては、本対象外と成りますので、どうかご承知置き下さい。
         グアムでも労働の最低賃金が大幅に上昇され、又当社でもスタッフの人件費の上昇に伴い、今回の
        お願いと成った次第で御座います。どうかご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

             
飛行教官(CFI)代       
                                旧料金 飛行1時間辺り  32ドル

                                
新料金 飛行1時間辺り  38ドル

             
計器飛行教官(CFII)代     
                                旧料金 飛行1時間辺り  34ドル

                                
新料金 飛行1時間辺り  40ドル

             
学課講習教官代(CFI、CFII共)
                                旧料金 飛行1時間辺り  32ドル

                                
新料金 飛行1時間辺り  38ドル

          以上が新料金と成ります。
         尚、通常教官代のブロックタイムは、キャンペーンの時以外は、原則として取り扱っておりませんが、
         もし訓練生の皆様で、値上げ前の価格での教官代ブロックタイムを購入ご希望の皆様に対し、
本日
         
より2009年8月31日迄に、お支払いを戴く事を前提に、この度特別キャンペーンとして、旧各教官
         料金にてのブロックタイムの販売をさせて戴きます。購入ご希望の皆様は、どうぞお申し込み下さい。
         ブロックタイムのお支払いは、日本支店、若しくはグアム本社の方にて承っております。

          参考ブロックタイム購入例: 飛行教官(CFI)代 10時間ブロックタイム購入の場合
                            32ドル/時間 × 10時間 = 320ドルと成ります。
          
          それでは、グアムより皆様の訓練へのお越しを楽しみに、お待ち致しております。

                                                           2009年8月10日


2009-028      本日8月8日、日本支店にて、スカイミーティング実施のお知らせ

         日本支店(東京)では、本日8月8日(土曜日)、15時から21時頃まで、晴海オフィースにて、教官
        ライセンス保持者、訓練生の皆様が集まり、飛行のお話をする会を開きます。現在訓練中の皆様は
        無論の事、今後パイロット免許取得に挑戦しようとお考えの方々も、ぜひのご参加を歓迎致します。
        当日は、現役の飛行・学課教官、JCABパイロット、特別訓練生等も参加し、航空に関する様々間な
        お話が聞けます。又ミニ航空教室も開かれるとの事です。尚、当日は「東京湾大花火祭」も開催予定
        という事です。晴海オフィースにて、花火を見ながらお食事をご一緒にしながら、航空に付いてお話を
        する会で、特にこれから訓練を開始しようとお考えの皆様や、訓練中の皆様にとっては、飛行に関し
        色々なお話が聞けて、きっとお役に立つものと存じます
。当ニュースをご覧の皆様で、当日ご都合の
        付く方は、参加は自由で、どなたでもお越しに成れます。どうぞお気軽にお申し込み、お出で下さい。
        なお会場の広さ制限から、参加ご希望の方は日本支店・代表 小柳 (電話 03-5548-1811、
        090-9390-8565迄ご連絡の上、お越し下さい。参加費用は、お一人様 1,000円です。
        参加費用には、当日の軽食とソフトドリンクが含まれております。なおアルコール類をご希望の方は、
        ご自身で持参されて下さいとの事です。また持ち込みは、大歓迎という事だそうです。
         それでは当日皆様とお会いするのをを楽しみに、お待ち致しております。

                                                           2009年8月8日


2009-029                ATC録音サイトの追加に付いて

         8月1日より、アガナタワーのATCを、TOWER最新版【2】にアップロードを致しております。
        又更に8月1日からは、ATISを、ATIS最新版にアップロードしております。ご利用戴きました
        TOWER最新版は、その録音したファイルの合計が、ちょうど100本と成りましたので、それに伴う
        フォルダーの変更です。当サイトの録音ATCをお楽しみの方々で、上記新規録音各ATCの視聴を
        ご希望の皆様は、直ぐに新アドレスをお知らせ致しますので、当社迄お申し出下さい。
        新アドレスをメールに添付をする形でお知らせ致します。訓練生の皆様には録音ATCのモニターは
        きわめて訓練に有効かと存じます。ぜひ共ご視聴をされます様、お勧め致します。今回の録音では
        音質もかなり改善され、一方、音声起動にて録音された録音内容はヒアリングの時間短縮とも成り
        本当に便利なATCの教材となるものと存じます。ぜひどうぞご利用を戴きたいと存じます。

                                                          2009年8月5日



2009-028           日本支店にて、スカイミーティング実施のお知らせ

         日本支店(東京)では、来る8月8日(土曜日)、15時から21時頃まで、晴海オフィースにて、教官
        ライセンス保持者、訓練生の皆様が集まり、飛行のお話をする会を開きます。現在訓練中の皆様は
        無論の事、今後パイロット免許取得に挑戦しようとお考えの方々も、ぜひのご参加を歓迎致します。
        当日は、現役の飛行・学課教官、JCABパイロット、特別訓練生等も参加し、航空に関する様々間な
        お話が聞けます。又ミニ航空教室も開かれるとの事です。尚、当日は「東京湾大花火祭」も開催予定
        という事です。晴海オフィースにて、花火を見ながらお食事をご一緒にしながら、航空に付いてお話を
        する会で、特にこれから訓練を開始しようとお考えの皆様や、訓練中の皆様にとっては、飛行に関し
        色々なお話が聞けて、きっとお役に立つものと存じます
。当ニュースをご覧の皆様で、当日ご都合の
        付く方は、参加は自由で、どなたでもお越しに成れます。どうぞお気軽にお申し込み、お出で下さい。
        なお会場の広さ制限から、参加ご希望の方は日本支店・代表 小柳 (電話 03-5548-1811、
        090-9390-8565迄ご連絡の上、お越し下さい。参加費用は、お一人様 1,000円です。
        参加費用には、当日の軽食とソフトドリンクが含まれております。なおアルコール類をご希望の方は、
        ご自身で持参されて下さいとの事です。また持ち込みは、大歓迎という事だそうです。
         それでは当日皆様とお会いするのをを楽しみに、お待ち致しております。

                                                           2009年8月1日


2009-029                  
ATC録音サイトの追加に付いて

         来る8月1日より、アガナタワーのATCを、TOWER最新版【2】にアップロードを致します。又更に
        8月1日からは、ATISを、ATIS最新版にアップロードを致します。ご利用戴きましたTOWER最新版
        は、その録音したファイルがちょうど100本と成りましたので、それに伴うフォルダーの変更です。
        当録音ATCをお楽しみの方々で、視聴をご希望の皆様は、新アドレスをお知らせ致しますので、
        当社までお申し出下さい。メールに添付する形でお知らせ致します。特に訓練生の皆様は、録音
        ATCのモニターは、きわめて訓練に有効かと存じます。ぜひ共ご視聴される様、お勧め致します。
         音質もかなり改善され、そして音声起動にて録音された録音内容は、本当に便利なATCの教材
        となるものと存じます。

                                                        2009年7月31日


2009-026   
   
これから当社にて操縦訓練をご計画の皆様へ
           
マータイム特別キャンペーン実施のお知らせ=

対象: これから当社にて操縦訓練を開始される為に、グアムまで指紋登録にお越し戴く予定のお客様で、
    下記条件に該当される方。


条件: キャンペーン期間内に、下記のいずれかを、新規でお申し込みをされる方。  

      ライベートパイロット・ギャランティーコース 【A】
    プライベートパイロット・ギャランティーコース 【B】
     インストゥルメント(計器飛行)・ギャランティーコース 【C】


内容: グアムへ指紋登録にお越しに成る際の、日本からの渡航費用を、当社(MAS)が負担致します。
    《但し、上限は5万円まで。》

     尚、既に他所で指紋登録を実施されている方は、2,5万円を、上記ギャランティーコース料金より
    割引させて戴きます。

キャンペーン実施期間: 2009年7月25日(土)~7月30日(木)まで。
               
※キャンペーン締切日(7月30日)には、入金が確認出来る事が必要と成ります。

お支払い方法: 上記お申し込みギャランティーコース料金から、対象金額をお引きする形で実施致します。
         ※1 ギャランティーコース料金を日本円にてお支払いをする場合の為替レートは、支払日当日の
            為替レート適用させて戴きます。当日の為替レートは、当社日本支店にてご確認下さい。
          ※2 クレジットカードにてお支払いの場合は、別途カード払い手数料が掛かります。

 どうぞ今回のキャンペーンを機会に、当社にてTSA登録をされ、操縦訓練を開始されるきっかけとなれば
誠に幸と存じます。ぜひ皆様からのご連絡を、心よりお待ち致しております。


                                                          2009年7月21日



2009-028           日本支店にて、スカイミーティング実施のお知らせ

         日本支店(東京)では、来る8月8日(土曜日)、15時から21時頃まで、晴海オフィースにて、教官、
        ライセンス保持者、訓練生の皆様が集まり、飛行のお話をする会を開きます。現在訓練中の皆様は、
        無論の事、これからパイロット免許取得に挑戦しようとお考えの皆様も、ぜひご参加を歓迎致します。
        当日は、現役の教官やパイロットの皆様、学課教官、特別訓練生などが参加し、航空に関するお話
        が聞けます。又途中ミニ航空教室も開かれるとの事です。又当日は「東京湾大花火祭」も開催予定
        で御座います。晴海オフィースにて花火を見ながらお食事をご一緒にしながら、航空に付いてお話を
        する会で、特にこれから訓練を開始しようとお考えの皆様や、訓練中の皆様にとっては、飛行に関し
        色々なお話が聞けて、きっとお役に立つものと存じます
。当ニュースをご覧の皆様で、当日ご都合の
        付く方はご参加は自由で、どなたでも参加が可能です。どうぞお気軽にお申し込み、ごお越し下さい。
         尚、会場の制限等から、参加ご希望の方は、日本支店・代表小柳宛(電話 03-5548-1811、
         090-9390-8565 へご連絡の上、お越し下さい。参加費用は、お一人様1,000円です。
        参加費用には、当日の軽食とソフトドリンクが含まれております。なおアルコール類をご希望の方は、
        ご自身で持参されて下さいとの事です。
         それでは当日皆様とお会いするのをを楽しみに、お待ち致しております。

                                                          2009年7月27日




2009-027       
新しく気象レーダー画像表示専用ディスプレイを設置しました。

         IFC会員専用ルーム入り口手前右側のカウンターの上に、本日から、アンダーソン基地のドップラー
        レーダー気象画像表示専用コンピューターを設置致しました。常時最新の画像を更新しながら表示を
        致します。皆様が飛行を開始する際、一度、本気象レーダー画像にて、グアム空港エリアの気象情報
        を確認の上、ご出発されます様、お勧め致します。もちろん、当社備え付けお客様用各コンピューター
        にても、本情報は取得が可能ですが、それらを開く手間を省く事が可能と成ります。ぜひショートレンジ
        の気象の予報にも十分役立つと思いますので、どうぞご利用下さい。
        ※本コンピューターは、日本支店小柳氏より提供されました。
                                                          2009年7月25日


2009-026   
   
これから当社にて操縦訓練をご計画の皆様へ
           
マータイム特別キャンペーン実施のお知らせ=

対象: これから当社にて操縦訓練を開始される為に、グアムまで指紋登録にお越し戴く予定のお客様で、
    下記条件に該当される方。


条件: キャンペーン期間内に、下記のいずれかを、新規でお申し込みをされる方。  

      ライベートパイロット・ギャランティーコース 【A】
    プライベートパイロット・ギャランティーコース 【B】
     インストゥルメント(計器飛行)・ギャランティーコース 【C】


内容: グアムへ指紋登録にお越しに成る際の、日本からの渡航費用を、当社(MAS)が負担致します。
    《但し、上限は5万円まで。》

     尚、既に他所で指紋登録を実施されている方は、2,5万円を、上記ギャランティーコース料金より
    割引させて戴きます。

キャンペーン実施期間: 2009年7月25日(土)~7月30日(木)まで。
               
※キャンペーン締切日(7月30日)には、入金が確認出来る事が必要と成ります。

お支払い方法: 上記お申し込みギャランティーコース料金から、対象金額をお引きする形で実施致します。
         ※1 ギャランティーコース料金を日本円にてお支払いをする場合の為替レートは、支払日当日の
            為替レート適用させて戴きます。当日の為替レートは、当社日本支店にてご確認下さい。
          ※2 クレジットカードにてお支払いの場合は、別途カード払い手数料が掛かります。

 どうぞ今回のキャンペーンを機会に、当社にてTSA登録をされ、操縦訓練を開始されるきっかけとなれば
誠に幸と存じます。ぜひ皆様からのご連絡を、心よりお待ち致しております。


                                                          2009年7月21日



2009-025             
訓練生の古屋 浩さんが、パイロットに成りました。

          訓練生の古屋 浩さんが、昨日7月15日、午後1時30分より、チェックライドを受けられ、無事に
         プライベートライセンスを取得されました。今回の取得ライセンスの種類は、プライベートライセンス
         シングルエンジンそしてランドつまり日本語で言うと陸上単発エンジンの免許という事に成ります。
         ご本人は既にオーストラリアに於いて、ヘリコプターの免許を所持されておりましたが、今回はFAA
         固定翼の免許を取得されました。今回の免許取得に付いては、大変強行軍で、われわれプロから
         みても、チェックライドには無理があるのではないかと思っておりました。ただ本人は、非常に頑張り
         まして、今回の成功に結び付けました。幾つもの会社を経営されている方で、現在も2つの支店を
         開業中という事で、今回この機会を逃すと次回は当分の間、訓練出来なくなるという厳しい条件で
         のチェックライドで御座いました。前日迄はあいにく天候がよくなく、試験まで十分な訓練が行えず、
         試験予定日の14日を1日延ばし、15日に変更をされました。運良く試験当日は天候に恵まれて、
         見事合格をされました。古屋さんは今回、本当に一所懸命頑張られました。普通ではまず、今回の
         様な訓練スケジュールでは無理ではないかと思う中を見事合格されました。あらためてその努力と、
         免許取得に対し、当社として敬意と、そして心よりお祝いを申し上げます。
          他の訓練生の皆様も、今回の古屋さんの後を追いかけて、一層訓練に励まれて、チェックライドを
         目指して頑張って戴きたいと存じます。

                                                          2009年7月16日


2009-024              
N80328のILSの整備が完了し、無事稼動致しました。

         
計器飛行を訓練の皆様には、既に運行しているN733SNの機体に加え、この度新たにN80328も
         計器飛行(特にILS)に使用する事が出来る様に成りました。ここ数日、整備士のエドサンチェスさんが
         ILSのアンテナ関係を含む配線等の整備を致しまして、その結果、無事ILSが作動、稼動致しました。
         早速本日、飛行テストを行った結果、問題なく使用する事が可能と成っております。これからは、もし
         N733SNの機体や計器等に問題が生じた様な場合には、N80328も計器飛行訓練に使用する事が
         出来る様に成りましたので、より高い信頼と稼動が出来るものと考えております。取り急ぎ本結果を
         皆様にお知らせを致したいと存知ます。現在計器の訓練をお進めの方は、どうぞお越し戴ければ幸と
         存じます。

                                                             2009年7月4日


2009-020            日本支店にて、スカイミーティング実施のお知らせ

           
 会員の皆様、いかがお過ごしですか。グアムは連日晴天の素晴らしい天候に恵まれ、大変気持ちよく
         飛行を致しております。
          さて、日本支店(東京)では、来る7月5日(日曜日)、11時から17時頃まで、晴海オフィースにて教官、
         ライセンス保持者、訓練生の皆様が集まり、飛行のお話をする会を開きます。これからパイロット免許
         を目指そうとする皆様にも、きっとお役に立つ情報が得られるものと存じます。ご都合の付く方はどなた
         でもご参加が自由です。どうぞお越し下さい。
         尚、会場の制限から、参加ご希望の方は、日本支店・代表小柳宛(電話 03-5548-1811、
         090-9390-8565 へご連絡の上、お越し下さい。参加費用は、お一人様1,000円です。

                                                                           
2009年7月4日


2009-023              
当ホームページをご覧を戴いた皆様へ

          この度は当マイクロネシア・アヴィエイション・システムズ株式会社のホームページをご覧戴き、誠に
         ありがとう御座います。当社ホームページのカバー画面に
「駐機場ライブ」という所が御座います。
         そこを「クリック」致しますと、今現在の、当社セスナの駐機場の映像がご覧になれます。更に今現在
         放送されているATIS(グアム国際空港周辺の気象情報、空港情報、使用滑走路等の情報を紹介し
         ている)を聞く事が出来ます。日本から、ご自宅や事務所に居ながらにして、グアムのライブの映像と
         音声が視聴出来ます。もしお時間が御座いましたら、一度ぜひサイトにお出でに成りお楽しみ下さい。
         そして何時の日か本物を見に、当社の方へお越し戴き、お会いするのを心よりお待ち致しております。

                                                            2009年7月3日


2009-022            
  N733SNが無事モードCに復帰致しました。

         しばらくの間、N733SN機のトランスポンダーのモードCが不正確な高度表示を示した事により、ALTを
         設定出来ないでおりました。この度、無事、整備が完了し、モードCでのオペレイションを開始致して
         おります。当初トランスポンダーかと思い、新品のトランスポンダーを用意し、組み込みましたが、その
         問題ではなく、今回新品のエンコーダーに交換して、無事動作が正常に戻りました。結果バックアップ
         のトランスポンダーも自動的に用意出来ました。計器飛行の訓練をされている皆様は、ぜひお越し戴
         きたいと存じます。尚、N80328の方も、現在、ILSをオペレイト致すべく整備を致しております。こちらの
         方も、ぜひ楽しみにお待ち戴きたいと存じます。取り敢えずN733SNのモードCの整備完了のお知らせ
         を致しました。

                                                              2009年7月2日


2009-021            
法定100時間整備点検、残時間表示のお知らせ

         パイロット免許保持者、操縦訓練生の皆様に対し、非常に簡単に航空機整備法定100時間点検まで
        の残りの時間を、容易に確認する事が出来るようにする為、整備室に専用のコンピューターを設置致し
        ました。使用する航空機は、アニュアルインスペクション(年一回の点検)、100時間ごとの整備点検の
        実施が法律で定められております。その為パイロットは飛行前に於いて、次回アニュアル点検日の確認
        そして特に100時間点検迄の残時間を計算し、確認する事が義務付けられております。その為、都度
        その次回の100時間までの残時間を計算する事が必要なのですが、今回100時間点検までの残時間
        表示専用コンピューターにより、コンピューター画面から簡単にそれを確認する事が出来る様にしました。
        毎日、100時間までの残時間を更新致しておりますので、安心してご確認を戴きたいと存じます。なお、
        時には、各ログブックにても、皆様ご自身で点検を戴く事も、一層安心を増す事に繋がるものと思います。
        どうぞ日々の飛行に於いて、ご確認、ご利用を戴きたいと存じます。この法定100時間を越えて飛行を
        する事は、絶対に許されません。間違いを起こさない為にも、ご利用、ご注意をお願い致します。

                                                           2009年6月30日


2009-020             
日本支店にて、スカイミーティング実施のお知らせ

         会員の皆様、いかがお過ごしですか。グアムは連日晴天の素晴らしい天候に恵まれ、大変気持ちよく
        飛行を致しております。
         さて、日本支店(東京)では、来る7月5日(日曜日)、11時から17時頃まで、晴海オフィースにて教官、
        ライセンス保持者、訓練生の皆様が集まり、飛行のお話をする会を開きます。これからパイロット免許
        を目指そうとする皆様にも、きっとお役に立つ情報が得られるものと存じます。ご都合の付く方はどなた
        でもご参加が自由です。どうぞお越し下さい。
         尚、会場の制限から、参加ご希望の方は、日本支店・代表小柳宛(電話 
03-5548-1811
        
090-9390-8565 へご連絡の上、お越し下さい。参加費用は、お一人様1,000円です。

                                                           2009年6月29日


2009-019             
訓練生の皆様へ グッドニュースのお知らせ
!!!!

         訓練生の皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 さてホットニュース2009-018でも既にご紹介を致して
        おりますが、現在毎日連続でアガナタワーの無線交信を録音し、サイトにアップロードを致しております。
        以前のヤフーブリーフケースに比べて、サイトの容量が大きいのと、録音した音声が、一層クリヤーに
        聞く事が出来ます。訓練に於けるATC、その中でも取り分けタワーの聞き取り能力が訓練生の皆様に
        は特に必要かと存じます。ぜひとも本録音ATCをお聞きになり、一層確実なATCを実現すべく、ぜひ共
        ご利用戴きたいと存じます。サイトのアドレスは、当社宛お問い合わせを戴ければ、直ぐにお知らせを
        致します。尚、当面はアガナタワーの録音を1ヶ月位続けますが、その後はタワーも含めて順次、他の
        管制塔の録音もアップロードして参る所存です。少しでも皆様の訓練にお役に立てれば幸いです。

                                                             2009年6月26日



2009-018             
※※録音ATCのモニターアドレスを変更致しました。
※※

         皆様に長く親しまれたヤフーブリーフケースに於ける録音済みATCのモニターサービスは、まもなく
        終了致します。来る6月20日よりは、新しいサイトにて引き続き録音ATCのモニターをご利用戴けます。
        付きましては新しいサイトのご案内を致しますので、録音ATCのモニターをご希望の皆様は、ぜひ当社
        迄お申し出下さい。お申し込みに際してはメールにて「IFC会員番号、お名前」を明記の上「新録音ATC
        サイト情報」とご記入の上ご連絡を戴ければ、当社より「新録音ATCアドレス一覧表」を、メールに添付
        してお送り致します。
         どうぞ訓練中の皆様はもとより、ライセンサーでソロ飛行を楽しまれる皆様にも、お楽しみ戴きたいと
        存じます。取り敢えず前回のヤフーブリーフケースに収録済みの情報をアップロード致しますが、現在、
        精力的に新しいATCを録音を致しており、これらも併せてアップロードを致します。どうぞ最新のATCを
        お楽しみを戴きたいと存じます。また訓練生の皆様には、より確実なATCの聞き取りの練習の為にも、
        ぜひ共、お役立て戴きたいと存知ます。
         尚、今回ご案内のサイトは、その容量が十分に大きい為、大量の録音ATCを、アップロードをする事
        が可能な為、今後、大量の録音ATCをアップロードを致す所存で御座います。どうぞご期待下さい。


                                                            2009年6月19日


2009-017                
ライブカメラが更にもう1台、増設されました。

          会員の皆様いかがお過ごしでしょうか。この度関口さんが訓練にお越しに成った際、新しいいカメラ
         をお持ち戴きました。今度のカメラは以前よりずっと鮮明な画像と、しかもズーム付きで御座います。
         ぜひお楽しみ戴きたいと存じます。尚、訓練生の皆様には従来のカメラでの音声からATISをお楽しみ
         戴いておりましたが、今回の新カメラでの映像に伴う音声からは、皆様が普段聞きたいと思っていた
         もの(ある周波数)が流れております。ぜひお楽しみ戴きたいと存じます。迫力のある映像と共に、又
         今回の音声は、皆様の訓練に必ずお役に立つものと期待致しております。

          尚、今回のカメラ増設に伴い、以前のカメラのアドレスも変更と成りました。付きましては2台のライブ
         カメラの新アドレスを、現在ご案内致しております。当社迄、メールにて「新ライブカメラアドレス」として
         お申し込み戴けますと、折り返しメールに添付して、「新ライブカメラアドレス、ID、パスワードの一覧表」
         をお送りさせて戴きます。尚、その際に必ず、皆様のお名前と会員番号を明記の上お申し出下さい。
          尚、この度のサービスは、インターナショナルフライングクラブ会員だけの限定サービスと成ります。
         一般の皆様には大変申し訳御座いませんが、ご利用には成れませんので、ご了承下さいませ。

          それではグアム空港の、より鮮明なライブの映像と無線交信の音声を、お好きなドリンクをお飲みに
         なりながら、どうぞお楽しみ下さい。

                                                             2009年6月18日



16             
グアムで乗馬体験が出来る新しい場所が現れました。

          グアムでは以前グアム島南東部に、乗馬体験が出来る中々良い場所が御座いました。残念ながら
         その場所は馬が道路で交通事故を起こし、それ以降、その会社は運行を停止してしまいました。大変
         良かっただけに、がっかりしておりました。今回新しく現れた乗馬の会社は比較的長時間乗馬が出来
         しかもかなり割安で体験が出来るという感じに思います。そういう事で、かなり期待が持てそうです。
         下記にその会社のご案内を記しますので、乗馬に関心がおありの方はぜひ、挑戦されてみて下さい。
         尚、当社を通して申し込むと少し割安になりますので、もし乗馬体験をご希望の方は、ぜひ当社宛連絡
         を下さい。場所はYIGO(ジーゴ)で、アンダーソン基地の直ぐそばという事です。

          
HORSES of Seepy Meadows

          (671) 898-0898

          Trail Rides 乗馬で散策

          1時間乗馬           90ドル MAS価格(****ドル)
          1時間30分乗馬       135ドル MAS価格(***ドル)
          サンセット1.5時間乗馬  150ドル MAS価格(***ドル)


           以上です。尚、MAS価格に付きましては、お名前とIFC会員番号をご提示の上、当社スタッフまで
          お尋ね下さい。

                                                            2009年5月29日



2009-015              
まもなく最新のATC録音が聞ける様になります。

          現在ヤフーのブリーフケースにグアムのATCの録音がアップロードされております。現在のサイトは
         無料サイトの為、一定期間経つと情報が消えてしまいました。その為この度、ヤフーブリーフケースの
         有料サイトを契約する事に致しました。之により情報維持の安定と、且つ、保存容量も以前より大分
         大きくなる為、大量のATC情報を保存する事が出来る様に成るものと考えております。今後、録音した
         ATCを次々と新サイトにアップロードを致したいと考えております。
          また以前はソニー製の録音装置でしたので、そのソフトがアップロードされている「MP3」ではない為、
         一旦「MP3」に変換してアップロードを致しておりました。その為、音質が低下してしまいましたが、今回
         の新しい録音装置は、直接に「jpg」ファイルにてアップする事に成る為、少し音質も向上するのでは
         ないかと期待致しております。
          これからは各タワーごと、そしてタッチアンドゴーやクロスカントリー、ジェット、そして計器飛行等々に
         分類してファイルをアップロードし、提供したいと考えております。どうぞご期待を戴きたいと存じます。
         約1週間以内には皆様に、新しいアドレスをご案内出来るものと存じます。今しばらくお待ち下さい。

                                                             2009年5月8日


2009-014              
訓練生の立石さんが昨日、ファーストソロに出ました。

          プライベートライセンス訓練生の立石さんが、昨日小菅教官からファーストソロのエンドースを受け
         見事ソロを達成致しました。中々ATCもしっかりして、無事にソロを完了致しました。本人に付いては
         小菅教官からは、今回ソロに出れるだろう旨を聞いておりましたが、今回5月の集中訓練の効果が
         あってか、昨日無事に飛行を達成致しました。教官を含め、皆でハンドレディオを持ちながら、滑走路
         のファイナルエリアに行って、その様子を見ていたそうです。立石さんがソロを達成している時は、私
         は別の飛行をしており、直ぐにお会い出来ませんでしたが、後程彼とお会いした時ときには、特に大き
         な事を為した様子も無く、淡々としておりました。ただ、その後後から疲れが出た様で、疲れたと話して
         おりました。今回の連休でのソロ達成者と成りました。彼にもお話をしたのですが、「これからが訓練は
         本番と成る」という事で、今後積極的にソロを継続される様、お伝え致しました。とにかく立石さん、本日
         はおめでとう御座いました。

                                                            2009年5月5日


2009-013    
ギャランティーコースキャンペーンお申し込み期限、まもなく終了

          これからパイロットライセンスに挑戦しようとされる皆様には絶好のチャンスと成る今回の
         キャンペーン終了まで後わずかと成りました。ご検討をされている皆様は、ぜひこの機会を
         お見逃し無く、お申し込みをされます様、お勧め申し上げます。今回のキャンペーンに対し、
         概ね下記の特典が御座います。今一度ご確認の上、ぜひこの機会に、パイロットライセンス
         取得に向け、大きな一歩を踏み出される事を、お待ち致しております。尚、詳細は本社宮治
         直接か、日本支店小柳、長谷山宛に何時でも、そして何なりとお尋ね下さい。皆様のご連絡
         を心よりお待ち致しております。
          お申し込みの期限は本4月30日までと成っております。今回のキャンペーンの主な特典を
         下記にお示し致して御座います。どうぞご確認を戴ければと存じます。
          それでは近い内に皆様と、常夏のグアムにてお会い出来ます事を楽しみにお待ち致しして
         おります。それまでインフルエンザ等健康に十分注意されて、お過ごし下さい。

          
プライベートパイロットコース ギャランティーコース 【A】

          通常販売価格  12,750.00ドルに対し、今回、5%(637.50ドル)引き
                     キャンペーン価格は、  
12,112.50ドルです。
          また、現在飛行料金にチャージされておりますフューエルサーチャージ料金、
          80時間分が免除されるという事で、更に960ドルがお安くなります。
          両者合わせますと、
1,597.50ドル(約16万円)が今回お得と成ります。

          ○プライベートパイロットコース ギャランティーコース 【B】

          通常販売価格  15,750.00ドルに対し、今回、5%(787.50ドル)引き
                     キャンペーン価格は、  
14,962.50ドルです。
          また、現在飛行料金にチャージされておりますフューエルサーチャージ料金、
          80時間分が免除されるという事で、更に960ドルがお安くなります。
          両者合わせますと、
1,747.50ドル(約17.5万円)がお得と成ります。

          ○インストゥルメント・レイティング ギャランティーコース 【C】

          通常販売価格  13,750.00ドルに対し、今回、5%(687.50ドル)引き
                     キャンペーン価格は、  
13,062.50ドルです。
          また、現在飛行料金にチャージされておりますフューエルサーチャージ料金、
          80時間分が免除されるという事で、更に960ドルがお安くなります。
          両者合わせますと、
1,647.50ドル(約16.5万円)がお得と成ります。


         尚、上記の他に、直接クレジットカードでグアムにてお支払いする際にチャージされる
        カード支払い手数料5%(687.50ドル~787.50ドル)も今回、無料とさせて戴いております。

                                                     2009年4月27日


2009-012           
ゴールデンウイークを日本でお過ごしの皆様へ

          会員の皆様、そして訓練生の皆様、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか。
         こちらグアムMASでは、現在6名の訓練生がこの期間、訓練にお越しに成っております。
         特に本日からは4名の方がお越しに成り、連日飛行をされております。そこで当社では、
         皆様にご紹介のライブのATCサイトに、この期間中特別な周波数を流しております。ぜひ
         日本にお出での皆様には、グアムでの訓練生の活躍の様子を、ぜひライブを視聴をされ
         グアムの雰囲気を楽しまれると同時に、ATC聞き取り能力の一層の向上にお役立て戴き
         たいと存じます。それでは皆様に於かれましては、今回の長いゴールデンウイーク中にて
         十分英気を養われて、ゴールデンウイーク明けからのお仕事に備えて戴きたいと存じます。

                                                    2009年4月26日


2009-011      
    春のギャランティ キャンペ-ン!

         日本では桜の花見シ-ズンのこの時期、弊社ではギャランティ-のキャンペ-ン
         を実施します。 ライセンス取得を考えてる方は是非この機会にお申し込み下さい。
         
         対象:ギャランティA、B、 インストルメントギャランティコ-ス
         
         期間:4/10~30

         キャンペ-ン内容
         その1 ⇒ フュ-エルサ-チャ-ジ
80h分無料($960の節約)
         その2 ⇒ クレジットカ-ド払い
手数料無料(5%)
         その3 ⇒ 各コ-ス
5%割引

         ☆大変お得な内容となっております。是非この機会をお見逃し無く!!




2009-010           
N733SNの整備が完了し、稼動を開始致しました。

          しばらくの間、整備の為、運休を致しておりましたN733SNの機体に付きまして、
         この度無事に全ての整備を完了し、その後の試験飛行後の状態も全て問題ない
         という事で、既に本格的なオペレイションに入っております。お陰さまでDME及び
         グライドスロープもきちんと整備され、安定して作動しております。一時オイル漏れ
         が心配されておりましたが、オイルシール交換後、オイル漏れも完全に止まり、
         またハーネスとデュアルマグネトーも新しく交換され、元の状態以上に良くなった
         様に感じる程快調に働いております。
          ぜひ皆様には、当機体にての計器飛行訓連、そしてクロスカントリー等を楽しみ
         にお起し下さい。之で3機体制(N733SN、N4642Q、N80328)となり、一層皆様の
         フライトのご予約に対応する事が出来る様に成るものと、期待致しております。

                                               2009年3月2日


2009-009   
!!緊急のお知らせ!!学科試験が現在グアムにて受けられません。

           
現在、グアムにて学科試験を受験する事が出来なく成っております。
         
大変残念なお知らせで、学科試験をご予定の皆様には、本当に申し訳ない事態と
         成ってしまいました。現在、その対応を鋭意模索致しております。今回の大問題の
         原因と成った理由は、今迄グアムで学科試験を取り扱っていたフリーダムエアが、
         突然FAAから、試験場継続の停止を告げられた事によります。フリーダム担当者の
         チャールズさんの話に拠れば、FAAの学課試験場は、「一定の比率(51%)を米国人
         が受けていなければ成らないという事で(現在は30%位だそうです)、フリーダムは
         米国人受験者を遥かに超えて過去外国人を受け入れていた事が理由だそうです。
         で今回FAAから、学課試験場の継続を認める事は出来ないという事と成ったそうで、
         今迄フリーダムにて学科試験を実施していた当社にとっては、大変な事態と成って
         しまいました。
          この結果、現在グアム、サイパンエリアで航空学科試験が出来る所は≪無い≫と
         いう状況と成ってしまいました。現在フリーダムも、グアム・ミクロネシアエリアの特殊
         な実情から、「何とか特別な配慮にて、継続がならないか」、という事でFAAと交渉を
         している状況との事です。一方、試験管のディルクスさんが、「海外の訓練生の訓練
         継続にも影響する」という所から、何か他に学科試験を可能とする手段 が出来ない
         のか、併せて、FAAに問い合わせをして戴いております。が、以前のディルクスさんの
         前のチャック試験管の頃の様に、ペーパーテストでの試験は可能かどうかを尋ねて
         頂いたのですが、FAAからは、「今後一切、ペーパーでの試験は出来ないという事を
         告げられた」そうです。
          いずれにせよ現在、フリーダムでFAAとの交渉をしていただいておりますので、その
         結果を注意深く見守りたいと存じます。また、少ない可能性かもしれませんが、特別に
         試験管のディルクスさんが、学科試験に関して、特別許可を得る様な事も僅かに期待
         を致しております。
          フリーダム・エア、そしてディルクスさんの結果が出次第、直ぐに皆様にはご報告を
         申し上げます。

                                                 2009年3月1日


2009-008    
現在、学課学習の支援日本語教材の作成を精力的に進めています。

          当社では、現在FAR(米国連邦航空法規)の日本語訳を、作成中で御座います。
         もう既に市中にはこの様なものは在るのかも知れませんが、あくまで当社独自での
         翻訳を進めております。FAR全体では膨大な量ですので、基本的にその中で特に、
         一般の訓練生に関係するパート61、そしてパート91の部分を対象に進めております。
         担当し、それに従事(翻訳に付いて)して戴いているのは、当社教官の甲斐教官に
         お願いをしております。もう既に一部翻訳が完了しており、その部分はプリントして、
         バインダーに入れ、皆様に自由にご覧を戴けるように成っております。またオーラル
         教材に関しては、東京で学課指導をお願していただいている中野教官に、その完成
         を、お願い致しております。全体の約6割位を当社訓練生でもある稲留訓練生に担当
         して戴き、進めて参りました。残りの部分と、これ迄の校正を中野教官に引き継いで
         戴きました。オーラル教材は、ASA社発行の「ORAL EXAM GUIDE」を使用しています。
         本教材は、実地試験に際して、試験管のディルクスさんが、その質問のほぼ全てを
         当教材から出題する所から、その内容の翻訳を手掛けたものです。そして最後になり
         ますが、学科試験教材の翻訳を併せて現在手掛けております。今現在、学課教材の
         翻訳教材に関しましては、一般にも市販されております。当社では、日本在住教官の
         上田様の作られた素晴らしい翻訳ものも現在、上田様の許可を得てプリントし、皆様
         に閲覧出来る様に用意致して御座います。この他にも幾つかの翻訳教材を現在所有
         致しております。訓練生の皆様には、学課勉強に際しての格好の教材として、自由に
         ご利用、お役に立てるべく取り揃えて御座います。ぜひ引き続き、積極的に航空学課
         の勉強を続けられ、少しでも早く、確実な航空知識の獲得を実現して戴けます様、当社
         社員一同、心より、希望致しております。なお一方、当社では独自に学科試験の翻訳
         教材を現在、作成致しております。その教材は、今迄は「JEPPESEN社の教材」を基に
         翻訳を進めておりましたが、現在は、「GLEIM社のプライベートパイロット学課教材」を
         基に翻訳を進めております。
          いずれの教材翻訳に付きましても、翻訳が全て終了し、それらが完成の暁には、改め
         て、皆様に、ご報告とご案内を申し上げます。
          現在既に完了し、出来上がっている部分に付きましては、何時でも当社「IFCの会員
         訓練生」であれば常時、それらを閲覧をする事が可能で御座いますので、当地グアム
         へ訓練にお越しの節は、どうぞ 担当スタッフにお申し出の上、ご利用をされて下さい。

                                                  2009年2月28日


2009-007    
訓練生の皆様!!!皆様のお出でを、小菅教官がお待ちしております。

          本年1月より新しく小菅教官が当社のスタッフに加わりました。大変穏やかな性格と
         スポーツマンタイプの方で、案の定、グアムに着任してから、時間を見てジムへ通って
         体を鍛えております。そのせいか、中々ハンサムな顔立ちながら、しっかりとした体格
         をしております。所で、小菅教官はCFI、CFIIを持ち、今後サイパンへのクロスカントリー
         を積極的にやって行きたいとお考えのようです。彼自身英語と、日本語が完璧で、彼
         自信、USシチズン(アメリカ国籍)という事なので、クロカンエントリーなどは、問題なく
         こなす事が出来、当社では今後のクロカン担当教官としても積極的にお願い致したい
         と考えております。実は彼は日本人父親、アメリカ人の母親を持ち、そのせいもあって、
         顔立ちはそれこそハーフと思われる様な外観です。でも本人の口癖は、心は日本人
         そのものであると、何時も話しております。とても気さくな、そしてさわやかな感じの教官
         です。ぜひ今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を、他の社員同様、賜ります様、どうか宜しく
         お願い申し上げます。ぜひ近い将来、当地にお越しに成った際には、ぜひ一度、彼と
         ご一緒にフライトをされてみて戴ければ幸いと存じます。

                                                  2009年2月27日


2009-006      
和田  悟さんが、見事実地試験に合格、ライセンシーになりました。

          一昨日当社のローカル訓練生(和田 悟<わだ さとる>)さんは、ディルクス試験管に
         よるプライベートライセンスの実地試験を受け、見事合格をされました。
         和田 悟さんはグアムローカルという事で、現在グアムに在住されておりましてでして、
         ウエスチンホテルでダイビング関係のお仕事をされております。今回、当初の試験日は
         14日でしたが、オーラルチェックを受けた後、飛行前に強い風が吹いており、又、雲も
         多数ありまして、その日の試験フライトをキャンセルされ、一昨日の2月17日(火曜日)
         に試験飛行を実施、見事合格をされました。離着陸中の後半、何か和田さんの声が急に
         明るくなり、本当に嬉しそうな様に感じたので、もしかして合格したのではないかと思って
         おりましたが、予想通り、合格でした。和田さんは機体(N733SN)のオーナーでも御座い
         まして、これからちょくちょく飛行を楽しまれるのではないかと思います。以前和田さんと
         お話をした時に、本人は更に上のライセンスを目指していると話しておられました。きっと
         これから更に計器飛行証明、そして事業用ライセンス等へ進まれて行かれるのではない
         かと存じます。最終的にはインストラクターまでを。出来たら目指したいとおっしゃっており
         ました。今回をエアマンの第一歩として、更に上を目指して行って戴きたいと存じます。
          まずは今回の喜びの余韻を楽しまれて、ご家族や友人、知人等をご招待飛行をされて
         戴ければと存じます。今回当社の感想として思ったのは、試験前にソロで最終の練習を
         行うのは、飛行試験に於いて、自信となる様に感じます。それを実施された方は、皆さん
         合格されております。意外と効果的な事かも知れません。とにかく和田さん、飛行試験の
         合格、本当におめでとう御座いました。

                                                    2009年2月18日


2009-005         
訓練生のARFRED CHEN(チャン)さんが、ソロに出ました。

          最近当社にて集中訓練をされているチャンさんが、昨日みごと初飛行を達成されました。
         台湾からの訓練生では、初めてのソロ達成者となりました。毎日精力的に飛行され、また
         疲れを知らないかの様な訓練振りに驚きました。元々英語がペラペラ(米国の大学を卒業)
         で、ご一緒に食事をされてもあまり食べられないので、どこからそのパワーが出てくるのか
         不思議なくらいなのですが、とにかくパワフルな方です。地元台湾では3000人位の会社
         でトップのお仕事をされているという事で、今回の滞在で一気にチェックライドを目指すという
         予定です。当社としても全力でチャンさんを支援して参りたいと考えております。まず本人の
         やる気が十分なので必ず達成出来るのではないかと思っています。引き続き頑張って戴き
         たいと存じます。今回、チェックライドまで行けない場合、次は無い、というか仕事の関係上
         難しいという事だそうです。とにかくファーストソロ、おめでとう御座いました。

                                                     2009年2月12日


2009-004           
ドクターヒダルゴさんが、見事実地試験にパスされました。

          日本の訓練生の方々もお知り合いの方は多いかとは存じますが、ローカル(グアム在住)の
         訓練生、ドクターヒダルゴさん(ドクターという事で、小児科のお医者さん)が、本日朝8時から
         のプライベートライセンスの実地試験に見事合格を致しました。試験は先週の1月19日に開始
         をしたのですが、オーラルが終了し、いざ実地試験となった際、当日はとても風が強く、且つ
         ガストも強く、結局実地試験はその日は中止とし、その後フィリッピンに渡航、帰国後の本日に
         実地試験を受け、見事一回で合格されました。無論本人はローカルの方なので、英語は無論
         問題は無いのですが、それ以外にも積極的にソロにも出ていて、よく訓練をされるとても熱心な
         訓練生でした。これで本日からヒダルゴさんはライセンサーとして飛行が可能なのですが、最初
         に奥さんを乗せて飛行をされたらいかがですか?との呼びかけに対し、勤務先(病院かと)の
         スタッフを乗せてあげたいと話しておりました。ヒダルゴさんはちょくちょく積極的に当社にお出で
         に成り、訓練されていただけに、本日合格出来て本当に喜んでいる事と存じます。今回ヒダルゴ
         さんを見ていて感じたのは、試験に対し非常に冷静に、落ち着いて、淡々と進めておられた様に
         見受けられました。実際は実地試験なので、そうは言ってもやはり緊張はされていたかとは思い
         ますが、日頃の実力を出せば十分合格出来るという様な確信というか信念を持って今回の試験
         に臨まれていた様に思われました。とにかく合格おめでとう御座いました。

                                                        2009年1月26日


2009-003               
元旦、午前零時からのの花火飛行を行いました。

          グアム島恒例の、元旦午前零時からタモン湾にて実施される花火に対し、当社から今回は
         3機のセスナ172が飛行を致しました。元々は4機(セスナ152も含めて)での実施予定でした
         が、お客様の都合で、1機分(セスナ152)が参加しないで3機での飛行を行いました。グアム
         では、年間5~6度位の花火が上りますが、元旦に上る花火が最大で、大変見ごたえのある
         花火で御座います。又飛行機から見る花火は、花火が球体に見えるとてもファンタスティック
         なもので御座います。大晦日に会員の皆様とご一緒に年越しそばと御節を食べた後の飛行で
         飛行された方々は皆さん飛行中にての年越しと成る為に、やや期待と緊張を持っている様に
         感じました。飛行そのものは午後11時30分頃に離陸を致しまして、花火が終わって後の午前
         零時30分頃にグアム空港に着陸を致しました。というのは、グアムでは午前零時少し前から
         上空に向けて銃を発射するといわれ、他の現地のパイロットからも十分注意して下さいと念を
         押される様な、やや緊張を要する飛行で御座います。その為、花火見学飛行そのものは念の
         為、洋上(タモン湾、アガナ湾エリア)だけを飛行致しました。本年は、当社から3機、トレンド
         ベクターの飛行機が2機、合計で5機が狭い上空を飛行致しました。当社ではパイロット同士が
         お互いにカンパニー無線で連絡を取り合い、安全を保ちながら花火飛行を楽しみました。来年
         は、5機体制にて楽しみたいと考えております。
          一方、新年元旦の初日の出飛行にも何名かのお問い合わせを戴きましたが、本年に付いて
         は、飛行を実施は致しませんでしたが、来年度には、ぜひとも実施を致したいと考えております。
         いずれにせよ今回、多くの会員の皆様とご一緒に夜間花火飛行を楽しめました事は、大変に喜
         ばしい事で御座いました。ご参加を戴いた皆様には、厚く御礼を申し上げます。先程も申し上げ
         ましたが、グアムでは年間、何度と無く花火が上ります。もし会員の方でその様な時にお出での
         方はぜひ一度花火見学飛行を体験されてみては如何でしょうか。ご希望があれば、スタッフが
         ご一緒させて戴きます。

                                                            2009年1月


2009-002
             
将軍様こと細矢 武志さんが、1月3日にソロを達成致しました。

           
 今回も年末年始と訓練生の細矢 武志さんが例年と同様に訓練にお越しに成られました。
         今回は機体が3機稼動していて、尚且つ、日本人教官も4人が在籍し、集中した訓練が実施
         出来た事もあり、見事1月3日の朝にソロ(単独飛行)に出られました。今回、お出でに成った
         当初には、あまり積極的に飛行をされないので、今回もソロに出るのは難しいかも知れない
         と思っておりましたが、担当尾澤教官の熱心で心得た指導により、本人も段々とその気に成
         って来て、遂に念願のソロ成功と成りました。翌日には何時もの通り、会員の親睦を兼ねた
         新年のお祝いバーベキューを致しましたが、そのバーべキューを焼く係りを担って頂きました。
         細矢さんには、肉等をとても上手に焼いて頂けるので大変助かって、感謝しております。この
         場をお借りして、あらためて細矢様には御礼を申し上げます。所で何故将軍様とお呼びするか
         と申しますと、サングラスを掛けた姿が、どこかの将軍様とそっくりなので、皆様から自然とそう
         呼ばれる様に成っておりました。もしかの地であれば影武者と成っていたかも知れません。と
         冗談はさておき、今回、遂にソロ飛行にたどり着かれたという事で、ぜひ一層努力を継続され、
         目指す最終のライセンス取得まで、ぜひとも勢いを付けてお進み戴きたいと存じます。細矢様
         は、本2009年、MASから出た一番最初のソロ成功者と成りました。細矢様には、心からお祝い
         を申し上げますと同時に、他の訓練性の皆様も、ぜひ細矢様の後に続いて早期にソロに出て
         戴きたいと希望しております。

                                                          2009年1月


2009-01

               
謹賀新年  2009年元旦


          IFC会員の皆様に、謹んでグアム空港より新年のご祝詞を申し上げます。

          2008年中は、会員の皆様には、当社に対し、多大なるご支援とご愛顧を賜り、
         心より、厚く、御礼を申し上げます。
          2009年は、新たなMASの再出発と決め、より一層充実したオペレ-ションを
         提供出来ます様、会社・社員一丸となって努力を致す所存で御座います。
          本年も旧年同様引き続き、何卒、ご支援・ご愛顧を賜ります様、宜しくお願いを
         申し上げます。
          本年も引き続き、当社ホ-ムペ-ジ上の「ホットニュ-ス」欄を御一読を賜り、
         ぜひ当社の最新情報をご確認戴けます様、宜しくお願いを申し上げます。
         出来る限り当社、会員、更にはグアムの最新な様々な情報を、出来る限り速やか
         にお知らせする所存で御座います。どうぞ楽しみにご覧を戴きたいと存じます。
          会員の皆様に置かれましても、又当社のホームページをご覧戴いている読者の
         皆様にも、本年が素晴らしい年、発展の年と成ります様心よりお祈り申し上げます。

                                  
              2009年1月元旦



                 MICRONESIAN AVIATION SYSTEMS,INC.

                 代 表    宮治  稔
 (MINORU MIYAJI)