ホットニュース2007      


2007-035         航空保険(2008年度)がリニュー(更新)されております。

         当社航空機に対する航空保険が、既に更新致しております。内容は本年度と同じ
        内容で、掛けている会社も同じで御座います。会員の皆様で、当航空保険の内容を
        ご覧になりたいとか、内容に付いてお尋ねになりたい方がお出ででしたら、何時でも
        何なりとお当社スタッフにお尋ね下さい。尚、保険の詳細に付きましては、本ホーム
        ページでは、紹介を差し控えさせて戴いております。保険内容をご確認希望の皆様は、
        当地グアムの方へお出でになった際、スタッフにお申し出戴ければ、何時でもご覧を
        戴けます。どうぞお気軽にお申し出下さい。

                                                2007年12月15日


2007-034         グアムで日本のてテレビ放送が見れる様になりました。

         会員の皆様が、訓練の為、当地グアムの方へお出でに成りますと、日本のテレビは
        見れなくなってしまいます。ビデオをセットして来れば良いのですが、ややもすると忘れ
        る事が御座います。この度、東京事務所の小柳さんから、日本のテレビ放送(現在は
        東京近郊)が、インターネットを通して見れる様に設定をされました。そんなに綺麗で
        安定した画像とは参りませんが、十分内容を見れます。その為、グアムにてどうしても
        確認したいという様な番組が御座いましたら、どうぞスタッフにお申し出下さい。ご希望
        のチャンネルを設定してご覧戴ける様に致します。なお、本サービスはインターネットの
        負担を重く致しますので、ぜひともという様な時にお申し出下さい。

                                                   2007年12月2日


2007-033          【セスナ195A】 の販売希望が寄せられました。
     

         セスナ195Aの販売広告を当社の掲示板に載せてもらえないかとローカルの方が
        事務所にお出でに成りました。

             Registration Number(登録番号) : N90K

             Total Time(総飛行時間) : 789 Hr

             Engine Time(エンジン時間) : 418 SMOH

             Price(希望販売価格) :  149,500ドル

         機体は現在グアムにあり、飛行しております。本機体に付いての詳しい内容は、
        当社事務所の会員ルームの壁に掲示しておりますので、関心がおありの方はぜひ
        ご覧下さい。

                                                  2007年12月1日




2007-032           MASライブの映像と音声に付いてのお知らせ    
      
          暫くの間、新規コンピューターの設定の為、ライブの映像が見れなくなっていたかと
         存じます。既に設定も終わり、再びライブの再設定も完了致しました。皆様には再び
         映像と音声がお楽しみになれるかと存じます。どうぞ日本にいながらにして聞ける当地
         グアムのATCをお楽しみ戴きたいと存じます。また訓練生は、お時間が許す限りこの
         ライブの交信をお聞きになっていただいて、ATCの聞き取り能力の向上をお計り戴き
         たいと存じます。

                                                  2007年11月30日


2007-031         グアム滞在中における英会話レッスンはいかがでしょうか?

          最近、ホテルのツアーデスクで見つけた英会話のレッスンのチラシを見ましたので、
         会員の皆様にご紹介をさせて戴きます。チラシによると、大きな文字で「英会話 短期
         長期留学」という文字があり、キッズからシニアまでどなたでも受講可、初心者大歓迎
         ネイティブスピーカーによる英会話レッスン、と記されております。
          授業料は1時間25ドル、1週間300ドル(15レッスン)、2週間600ドル(30レッスン)
         3週間900ドル(45レッスン)、4週間1200ドル(60レッスン)、寮あり、詳しくはお問い
         合わせ下さいと書いてあります。当社で提携している所という事では在りませんので、
         詳細の説明と、責任は致しかねますが、大手旅行社が取り扱っている所から、ご心配
         はないかと存じます。ぜひ英会話力を付けたいとお考えの皆様は、挑戦されてみたら
         いかがでしょうか。

                      リベラルアカデミーグループ
           グアムインターナショナルアカデミー(GUAM INTERNATIONAL ACADEMY)
           Carlos Lane ste. #2 Upper Tumon, Guam 96912
           E-Mail:imai@liberal-academy.com
           URL:www.liberal-academy.com
           TEL/FAX;649-9453

         尚、過去に当社でご紹介した他の英会話教習は、2006-021に掲載されております。

                                                 2007年11月22日


2007-030                指紋登録に関する至急のお知らせ

          つい最近2007-029にてお知らせ致しました、指紋登録が日本で出来るという情報に
         付きまして、訂正をさせて戴きます。皆様には今回の件に付きまして大変な期待をさせて
         しまいまして、誠に申し訳なく、お詫び申し上げます。実は例の東京の指紋登録が出来る
         という場所は、さる大学の訓練生を対象としてTSAに登録する為に設けられたという事で
         一般の訓練生の受付はされていないという事でした。今後共その予定はないという事で
         十分な調査をする事無く皆様にお知らせを致しまして、誠に申し訳御座いませんでした。
         その様な訳で、引き続き皆様が当社にて訓練を開始する場合には、従来同様、一度は
         当地グアムの方へお越し戴く事が必要で御座いますので、何卒宜しくお願い致します。

                                                  2007年11月15日


2007-029      これから訓練を開始する方々に大変グッドなニュースが入って来ました。

          つい最近日本にいる当社の複数の関係者から、指紋登録が日本国内で出来る様に
         成ったという情報が寄せられました。米国(グアムも当然含まれます)で操縦訓練を開始
         する場合にはTSAというお役所にインターネットにて登録をし、登録料をクレジットカード
         にて支払い、そして最後に指紋登録(フィンガープリント)をする必要が御座います。その
         中の指紋登録はつい最近まで米国内しか出来ず、その為TSAを登録する訓練生方は、
         一度はグアム迄指紋登録をする為に来島する事が必要でした。が、今回のお知らせは、
         その指紋登録が、日本国内において実施出来る様に成ったという事です。場所は東京の
         
渋谷区ですこれから操縦訓練開始の為にTSAを登録される方々は、どうぞこの新しい
         サービスの施設をご利用戴きたいと存じます。場所等の詳細に付きましては、当社直接か
         日本支店の方へお尋ね下さい。詳しいご案内をさせて戴きます。

                                                   2007年11月5日


2007-028      お陰様を持ちまして、当社(MAS)は、会社創立21年目を迎えました。

          インターナショナル・フライング・クラブ(IFC)会員の皆様、いかがお過ごしでしょうか。
         さて本年も早いものではや11月と成りました。今年の夏は日本に置きましては、グアム
         以上に熱い猛暑の日々が続いた大変な気候と伺っておりまして、さぞお過ごしになるの
         は大変だった事かと存じます。それからはやくも2ヶ月が経ち、日本列島からはチラホラ
         初雪の便りが届いております。ぜひまたグアムの常夏の青空のもと、フライトを楽しみに
         お出で戴ければ幸いと存じます。
          上記に記しました通り、当社(マクロネシアン・アヴィエイション・システムズ株式会社)は、
         本日2007年11月1日で、会社設立(1987年11月1日)から21年目に入りました。
         これまで様々な厳しい事も御座いましたが、無事業務を継続し、皆様に飛行サービスを
         提供して来れましたのも、一重に皆様の熱いご声援とご厚情、そしてご愛顧の賜物と存じ、
         心より厚く御礼を申し上げる次第です。現在の当社は、かつてない位に機体整備をはじめ
         各システムに至るまで一番充実する事が出来ております。
         今後、当社の課題として、現在整備中のN5252Rの稼動開始(すでに新エンジンを発注済)
         計器訓練を専門に行なう新型機の導入、サイパン事務所の開設(サイパン事務所は本年、
         再開を予定し、準備を進めておりましたが、サイパンの経済状況が予想以上に落ち込んで
         おりまして、現在なお計画を着実に進めつつも、開始時期に関しては、様子を見ております。)         
         など多くの事に現在取り組んでおります。
          非力では御座いますが、その中で、少しでも皆様のご満足を得るべく、スタッフ一同一層
         努力し、頑張って参りますので、今後共なお引き続き、皆様の暖かいご厚情とご愛顧を賜り、
         ます様、何卒、宜しくお願い申し上げます。
          これから徐々に日本は気温が下がって来るかと存じます。会員の皆様におかれましては、
         くれぐれも健康に留意されて、お元気でお過ごし戴けます様、お祈りとお願いを申し上げます。
         お時間が出来ましたら、常夏グアムの青空の中で、存分に飛行を楽しまれにお出掛け戴き
         ます様、希望致しております。
          当社スタッフ一同、一層充実したおもてなしをするべく心より皆様の来島を楽しみにお待ち
         致しております。

          MICRONESIAN AVIATIONSYSTEMS,INC.
         (マクロネシアン・アヴィエイション・システムズ株式会社)

         代表(PRESIDENT)   宮治  稔 (MINORU MIYAJI)

                                                      2007年11月1日


2007-027         グアムのローカル訓練生<MICHAEL ROLLER>さんが、ソロに出ました。

          訓練生の皆様もご存知の方がお出でかと存じますが、グアムローカルの訓練生のマイケルさんが、
         念願叶ってソロに出ました。ランウェイは「24」、やや横風があって、本日のソロはないかなーと思って
         いたら、タクシーウェイ「D」から、コリン教官が歩って帰ってくるのを見て、いよいよソロだと判りました。
          マイケルさんはアンダーソン空軍基地に勤めるエアフォースの方で、とても正直な、というよりも正直
         過ぎるくらいの方です。ソロ飛行終了後、教官を含めた皆さんが祝福にソロ飛行の機体の所へカメラを
         持って行きました。私も燃料の給油がてらお祝いを言うと、かつてない位のすごく強い力で握手をされ、
         「サンキュウ」と言われました。何か大きな事を成し遂げたかの様な、晴れ晴れとした顔をしておりました。
         ソロへ行く事に付いては少し前からチャンスが在ったのですが、天候その他の理由により実現出来ず
         大変悔しがっておりましたが、本日無事に出て、その悔しさや、今までの苦労もいっぺんに吹っ飛んだ
         のではないかと思います。現在ソロを目指して頑張っている皆様も、今回のマイケルさんの後に続いて
         憧れの単独飛行を目指して戴きたいと存じます。

                                                            2007年10年6日


2007-026    「日本でFAA(米国連邦航空局)の学科試験が受けれます」という情報が寄せられました。

          パイロットのチェックライド(実地試験)を受ける前までに、学科試験に合格をして置く事が必要ですが、
         以前、日本でFAAの学科試験を受けていた処が、9-11テロ事件以降、相次いで取り扱いを停止し(テロ
         関連のセキュリティーの為、中止を余儀なくされた様な話が在りましたが、真相は定かでは在りません。)、
         現在、日本国内では、航空学科試験を受ける事は出来なくなっている、とすっかりその様に思っていまし
         たら、今回、当社所属の飛行・学科の教官をして戴いている土井さんより、今日現在、日本国内に於いて
         学科試験が受けれますと、大変グッドな情報が寄せられました。 当社も本当にビックリ致したのですが、
         米軍沖縄嘉手納基地、そして米空軍横田基地で受けれるそうです。
         ちなみに横田基地では、横田エアロクラブ(代表0425-52-2551)へ電話で申し込みをすれば、受けれる
         との事でした。受講の際に必要なものとして、2つのID(パスポート、運転免許証等)、試験費用250ドル位
         を支払うクレジットカード、そして教官からもらった、学科試験受験許可となるエンドースメントを記してある
         ログブック等を持参して、試験を受ける事になります。詳細は直接、横田のエアロクラブの方へ尋ねてみて
         下さい。

                                                             2007年9月28日


2007-025   久々にインストゥルメント(計器飛行)レイティングの合格者【平間 一彰さん】が出ました。

         さる9月6日、当社会員の平間 一彰さんが、試験官のディルクスさんによるインストゥルメントの
        チェックライドを受け、見事一発で合格されました。長い間当社では、一般会員訓練生による計器
        のチェックライドを昨年実施して以来、長い間行なっておりませんでした。そういう中で、平間さんが
        今回、久しぶりにインストゥルメント・レイティングに挑戦をされ合格をされた事は、大変当社に取り、
        喜ばしい事と成りました。又、今回は、当社として、試験官のディルクスさんによる初めての計器の
        チェックライドとなり、大変関心が高い実地試験ともなりました。更に回は、当社の計器用の機体が
        対応出来ず、隣の会社のテムコ社とフリーダム社の機体を借りてチェックライド直前の訓練を行い
        チェックライドの際はフリーダムの機体をレンタルして実施するという、大変なスケジュールの中で
        見事合格されました事に対し、平間様には敬意を表したいと存じます。又、今回のチェックライドに
        おける詳細な内容を、プライベートチェックライドの時と同様に、記して戴きました。現在計器飛行を
        訓練されている訓練生の皆様に取りまして、必ずやお役に立つ資料かと存じます。御希望の方は
        どうぞ当社スタッフまで、お申し出下さい。当社では現在、早急に計器飛行訓練用の機材を準備
        致しております。ぜひ計器飛行レイティング取得を目指されている訓練生の皆様も、どうか平間様
        の後に続いて、頑張って戴きたいと存じます。

                                                        2007年9月27日


2007-024        本日、多くの皆様ご存知の中澤 和夫さんがライセンサーに成りました。

         本日中澤さんは、朝7時からプライベートパイロット・ライセンスの実地試験を受けられて見事に
        合格をされました。中澤様は、長野でグライダーに乗っておられ、操縦技術、理論ではそれなりの
        経験と知識をお持ちで、又飛行関係の知識も人一倍の情報をお持ちでいらっしゃいました。ただ
        そうは言うものの、いざご自身の本番のチェックライドとなると相当緊張していたのではないかと
        思います。でもさすがというか本人は、日頃の過ごし方と殆ど変らず、笑顔で試験前の準備をされ
        過ごされているのを見て、大丈夫かなーと、少しとり越し苦労をして心配を致しておりました、が、
        全てに於いて順調にクリヤーされ、見事に合格をされました。訓練生の中では、当社の様な、会社
        と訓練生どうしのふれあいが在るからここ(MAS)を選んでくれたという、会社にとっては泣いて喜ぶ
        様な模範訓練生で御座いました。何時も明るく和やかに、訓練生を引っ張って来ていただきました。
        これからも、今回の試験合格までの経験を基に、ぜひ後に続く訓練生の皆様を激励がてら、フライト
        を楽しまれに、お越し戴きたいと存じます。ちなみに、米国ビザB1・B2を申請する時に皆様にお渡し
        している申請マニュアルは、他ならぬ中澤様のご協力で作り上げたもので御座います。それに付け
        ても、大変お疲れ様でした。帰りの飛行機で、コクピットで写真を取れせてもらうんだ、などと話され
        ておりましたが、どうなったでしょうか?尚、中澤様にも、チェックライドの内容を記して戴く様にお願い
        致しました。もし御希望の方には、資料が到着次第、お見せ致します。それでは多くのチェックライドを
        まじかに控えてお出での訓練生の皆様も、ぜひ中澤様の後に続いて挑戦をして戴きたいと存じます。

                                                         2007年9月25日


2007-023        昨日、 訓練生のお一人がファースト・ソロに出られました。

         9月24日、訓練生の方がファースト・ソロに出られました。初めてソロに出て、来ているシャツを
        教官に切られて、そのシャツにメッセージを書かれた上で、壁に掲示されました。今回は訓練生の
        意向で、お名前は紹介出来ませんが、ライセンス取得の時は、晴れて名前を公表されるという事
        でした。ソロに出られた後、あらためて水平飛行とか上昇、旋回等基本的な事項を確実に出来る
        という事が、飛行に余裕を生むという事を感じ取ったそうです。そして一層高いレベルのATCを身に
        付ける事が必要であるという事を身にしみて感じた、と話しておりました。たしかにファースト・ソロに
        出る頃には、一通りATCは出来る事が前提では在りますが、余裕を持って、且つ様々な例外事項
        のATCを出来るかというと、なかなかそうは簡単には行かないのが本当の所かと思います。しかし
        いずれにせよ無事にファースト・ソロを問題もなく済ませて帰って来た時には、顔はやや緊張して
        おりましたが、充実した表情をされておりました。 そしてソロ完了後の落ち着いてゆったりとした顔
        が、これからの訓練に付いて,自信を深めた様にも見えました。確かに、ソロに出てからが実は本当
        に大きく実力を上げる事が出来る時期かと思います。これからも一層基本を大切にされて頑張って
        戴きたいと存じます。

                                                         2007年9月25日


2007-022       事務員のクリストーに女の赤ちゃんが誕生しました。

         皆様をホテルや空港へお迎えに参りますご存知の事務員のクリストーさんが2番目の子供を誕生
        致しました。今回生まれた赤ちゃんは女の子でした。可愛い顔をしてすやすやと眠っておりました。
        きっと将来クリストーの様に美人に成る事間違い無しと思います。8月29日に生まれ、昨日、仕事
        の際、一緒に事務所に来ました。どうぞ皆様が当社へお出でになった際には、クリストさんへ声を
        掛けてあげてください。ニコニコと喜ぶかと存じます。彼女は今回は出来るだけ母乳で育てるという
        事だそうです。ちなみに名前は「イザベラ」だそうです。



2007-021       訓練生の今井 伸幸さんが当社への最初の渡航訓練でソロに出ました。

         IFC会員の皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。皆様の中でパイロットライセンスを目指される
        方々がお出ででしたら、ぜひグアムマイクロネシア・エア、若しくは日本支店の方へ操縦訓練に
        付きまして何時でも、何なりとお尋ね下さい。
         現在日本支店の方では学科講習(グランドスクール)の開始を準備致しております。グアムの
        会社では実技訓練と学科講習を合わせて実施しております。

         さて昨日、訓練生の今井 伸幸さんが、見事初めてのグアムへの渡航で、ソロ〈単独飛行〉に
        出られました。ジェットも飛び交うグアム国際空港において、ソロに出る事は中々簡単ではありま
        せん。にもかかわらずどうして早期にソロに出る事が可能となったかと考えますと、現地渡航前
        日本に於いてよく準備をされ、勉強をされて来たという事がまずいえるかと存じます。又当社から
        事前に送った資料やATCなどをよく勉強されて来たという事が早期のソロに繋がったといえます。
        また今井さんは、学生時代豪州〈オーストラリア〉に留学された事があり、英語に対しては左程
        苦にならないという特典を持っております。更に現在のお仕事が、関西新空港に於いて外国人
        に対するサポートを業務とする会社に勤務されており、その結果日々生きた英語に接していると
        いう恵まれた環境におられます。これらも一層今井さんの英語に対する抵抗感を無くしております。
        然しながら、そう簡単にソロには出れないのが実情です。今井さんが今回それを可能にしたのは、
        前回のホットニュース報告(2007-020)でもご紹介致しました古屋さんの操縦訓練機の後部座席
        に積極的に同乗させて戴いて、まもなくソロ出られる方の操縦技術をしっかり見て勉強するとか
        するのと併せて、今井さんご本人の人柄が素直で、指導教官の言われる事をしっかりと受け取り
        それを本人の操縦訓練に生かしたという事が言えるかと存知ます。それと更に付け加えますと、
        之は今井さんの様に、身長が180センチを超える身長の方々に言える事なのですが、飛行機の
        離着陸練習をする際の着地の際に、滑走路を見ながら行なう事が出来ます。上手く接地着地する
        という事は、離着陸練習の中に於いて訓練生を悩ます事となる最大で最後のの難関で、その最大
        の問題点は、一般の方々は、機体を引き起こした際、滑走路が見えなくなる事に起因しております。
        それを滑走路を見ながら出来るという〈約身長が180センチ以上の方は着地の際、前方滑走路を
        見れる〉、身長に恵まれない方にとってはなんとも羨ましい事ですが、それに恵まれていた、という
        事が言えます。この着地が上手く行き、そしてATCがしっかり出来ると成ると、教官としては何とか
        したくなるという事に成ります。教官からは大変教えがいの在る訓練生という事だそうです。更に又
        今井さんが付いているのは、当日ソロに出られた日は、晴天で且つ無風に近い天候で絶好のソロ
        日和でした。通常、天候で雲が多いとか、風が強いとか、横風とかとなりますと、ソロは中止を致し
        ます。何とも今井さんは本当についているとしか言えない様な好条件に恵まれました。之も日頃の
        彼の行いの結果かも知れません。翌日早朝に、満面の笑顔で日本へ向け出発されました。古屋
        さんの時と同様、両手で硬い握手をして後、空港カウンターの方へ行かれました。 
 
         今井さんは将来、プロパイロットを目標とされていると伺っております。これからも更に次の段階
        ソロクロカンへと進まれ、早期に自家用免許を取得され、更に更に上のステップ、プロパイロットへ
        のライセンス取得を目指されて戴きたいと存じます。会社、スタッフ一同心より応援致しております。

                                                        2007年7月19日


2007-020       訓練生の古谷 浩一さんが当社への2度目の渡航訓練でソロに出ました。

         訓練生の皆様お元気でお過ごしですか。昨日7月25日,IFC会員で訓練生の古谷 浩一さんが、
        朝6時から訓練を開始し、その後ついにソロに出られました。ニコニコしながら、満足の表情で
        飛行機から戻って来られて、握手をしたした古谷さんの手がガッチリしていたのが印象的でした。
         その日はその飛行を持って訓練を終了致しました。古谷様は、日本で30数店舗のお店を経営
        されている方で、時間を非常に大事にされており、早期のソロを目指されておりました。又今回
        2度目の渡航にもかかわらず学科試験を受けて合格されました。というのも古谷さんはもう既に
        オーストラリアのヘリコプターの免許を所持されており、基本的な航空に関する情報、知識があり
        非常にスムースに訓練が進んだという事も在りますが、なんと言っても熱心に勉強をされている
        事には関心致します。お忙しい中でも、真剣に訓練をされる姿に、そう遠くない時期にライセンス
        を取得される事かと存じます。ぜひ他の訓練生の皆様もぜひ、パイロットが夢見る最初の難関で
        最高に感動を得る事になるソロを目指して、頑張って戴きたいと存じます。 

                                                       2007年7月26日


2007-019          皆様ご存知の事務員のクリストーさんが、結婚を致しました。

         何時も事務所でニコニコと事務と、そして皆様のお手伝いを致しておりますクリストーさんが
        昨日、晴れて結婚を致しました。 お相手は、エリックさんといい、お客様の結婚式などの映像
        を撮影サービスする会社に勤めております。 クリストーさんに「コングラチュレーション」というと、
        左手薬指にある指輪を見せて、ニコニコしていました。披露宴は来年春、シェラトンホテルにて
        盛大にやるという事だそうです。 次回事務所へお出での節は、どうぞ一声掛けてあげて下さい。
         今までもそうでしたが、これからはミセスとして、一層皆様のお手伝いをしていただく事になる
        かと存じます。 ぜひ暖かく見守っていただければ幸いと存じます。

                               マイクロネシアン・アヴィエイション・システムズ株式会社

                                              PRESIDENT MINORU MIYAJI

                                                     2007年7月10日


2007-018     SHIHO SAKAI (さかい しほ)さんと、PAUL(ポール)さんがソロに出ました。

         女性訓練生の坂井さんが、7月4日にグアムで初めてソロに出ました。坂井さんは、以前
        ハワイにて既にソロを経験されておりますが、今回は知人教官と共に当地グアムにて実地
        試験を受ける為、お出でになられている方です。今回の滞在期間約1ヶ月の内にチェックを
        受ける予定にしております。 勉強熱心で毎日一所懸命、精力的に勉強をされております。
        彼女は将来プロパイロットに成る事をを目指してお出でです。

         更に7月6日午後には、ポールさんがファーストソロに出られました。 ポールさんはグアム
        のローカルの方で、学校を経営している傍ら、飛行機の免許に挑戦をされている方です。
        今回はフィリピンの出張からから戻られて直ぐの、ファーストソロとなりました。ソロ飛行終了
        後、「おめでとう」と挨拶をした際に握手した手をしっかりと握り返してきました。

         最近、相次いでソロに出られる方がいて、オフィースのムードが盛り上がっております。
        他の訓練生の皆様も、ぜひ彼等の後を追ってファーストソロを目指して戴きたいと存じます。
        皆様のお出でを楽しみにお待ち致しております。

                                                     2007年7月7日


2007-0197           BRIAN(ブライアン)さんが、ファースト・ソロに出ました。

         グアムローカルのブライアンさんが、本日久保教官の指導の元、ファーストソロに出ました。
        彼は一時海外に仕事に出ておりましたが、少し前グアムに戻り、最近集中した訓練をこなし、
        ついに24時間でソロと成りました。3度目の着陸の時のATCは、余裕が出て来たように感じ
        ました。でも出発の時のレディ・トゥ・ゴーを言っている時は、やや緊張した様にも感じました。
        彼はアンダーソン基地に勤めるエアフォースの職員です。これから更にソロタイムを積み上げ
        最終のライセンス取得へ向かって戴きたいと思っております。天候にも恵まれ、最近の訓練
        開始から1週間でソロに出した久保教官も、やはりソロに出す時はドキドキしていたようです。
        とにもかくにもブライアンさん、おめでとうございました。ぜひ他の訓練生の皆様もブライアン
        さんの後に続いて、ファースト・ソロを目指して下さい。

                                                     2007年7月2日


2007-016          古田 博幸さんがファーストソロに出ました。

         訓練生の皆様ご存知の古田さんが5月22日朝、見事ソロに出ました。19日からグアムへ
        お出でになり、今回こそはと臨んで参りました。毎朝6時頃にはホテルを出発し、7時頃から
        訓練飛行を繰り返していたのですが、トラフィックパターンの雲低が低い(雲が低い高さの所
        にある)、横風が強いなど、一時はソロが危ぶまれましたが、彼の日頃の行いが良いせいか、
        22日は早朝から絶好の天候となり、ついにソロを達成されました。本人いわく「世界が変わり
        ました」という事だそうです。左様にファーストソロは、訓練生に大きなインパクトを与えます。
         ぜひ他の訓練生の方々も、後に続いて戴ければと存じます。当日担当の稲垣教官からは、
        古田訓練生は「教えた事が直ぐ実現する、教え甲斐のある訓練生」だそうです。ぜひ皆様も
        この言葉を噛締めながら訓練に励み、ファーストソロに挑戦をして戴きたいと存じます。

                                                     2007年5月24日


2007-015          セスナ172型(N80328)のアニュアルが完了致しました。

         つい最近チェックライドに使いました、N80328が無事本日、アニュアル・インスペクション
        を終了致しました。今回のインスペクションに於いて併せて行なった主な整備はフューエル
        切り替えセレクターの交換、フラップケーブルの接続部交換、ナビライトユニットの交換、更に 
        コンパスチェック等を行ないました。この5月にはお一人チェックライドを控えておいでで更に
        このゴールデンウイークの時期に向けて、準備を整える事が出来まして、一安心です。
         ぜひこれからもC152同様、C172もどうぞグアムでの飛行をお楽しみにお出掛け下さい。
        尚、現在C152のレディオも新型に交換致して致しており、明日中には整備を完了するかと
        存知ます。併せて新型レディオによるATCの交信をお楽しみに、お越し下さい。

                                                    2007年4月24日


2007-014          セスナ152型(N4642Q)の整備が完了しました。

        
会員の皆様の中で、一度セスナ152型(2人乗り)に載ってみたいとご希望の方々に、
        ようやく嬉しいニュースをお送りする事が出来る様に成りました。長い間整備をし続けて
        おりました機体が、昨日漸くアニュアルインスペクションが完了し、最初のテスト飛行を
        行いました。この後、今しばらくテスト飛行を続け、細部を調整の後、運航を開始致します。
         今回の主な整備としては、新エンジンへの交換、トランスポンダーサーティファイ、更に
        今回一番長く整備に時間を要した、フラップのガイドレールの全面的な交換などを致し
        ました。特にフラップガイドレールの交換に付いては、従来の部品が、新しいデザインの
        強化された部品に代わっておりまして、その為に予想以上の大変な整備となってしまい
        ました。その分フラップが以前にも増してスムースで安定したものと成っておりますので、
        ぜひ安心してご利用戴きたいと存じます。新エンジンも快調で、しかもトランスポンダーも
        モード【C】にてサーティファイされておりますので、今後航法機器を強化して、クロカンにも
        ご利用が出来る様にして参る予定です。ぜひ当地へお越しの際には、セスナ172M同様
        ぜひセスナ152も併せてご利用を賜れば幸いと存じます。

                                                   2007年4月21日


2007-013      五十嵐様からの実地試験の状況報告が提供されました。

         当社会員で、先月3月25日の実地試験に合格された五十嵐様から、実地試験の
        内容を記した詳細な内容が提供されました。私も思わず自分が試験を受けている
        かの様な気持ちになり、その報告を一気に読みきってしまいした。これからチェック
        ライドを目指される皆様に取り、必ず参考になるものと存じます。閲覧御希望の方は
        ぜひ当社宛ご連絡を戴ければ、メールに添付する形でお送り致します。もし当社の
        方へ直接お出での方はスタッフにお申しで戴ければ、コピーを直にお渡し致します。
        ぜひ皆様の訓練にお役立て下さい。

                                                2007年4月17日


2007-012  各種申請に関する費用 ・及び当社エスコート費用変更に付いて

       
        会員の皆様が飛行に際し必要とされる各種申請、訓練生が訓練開始に際して
       行なう各種申請に関する諸費用が、3月1日付けで変更となっております。詳細に
       付きましては、ぜひMASグアム本社、又は日本事務所、東京事務所の方へお尋ね
       下さい。  
        主な項目としては、指紋登録料及び書類発送料、メディカルチェック料及び同行料、
       米国ビザB1・B2申請料及び申請サービス料、FCCライセンス申請サービス料、更に
       CNMI(サイパン・テニアン・ロタ等)飛行CIQサービス手数料等が含まれております。

                                                2007年4月1日


2007-011         会員の五十嵐様が、チェックライドに合格されました

        皆様、いかがお過ごしでしょうか?グアムも一時天候が悪く、困った時期が続いて
       おりましたが、ここ暫くは晴天が続き、飛行には最高の状態が続いております。

        さて今月25日、会員の五十嵐 保様が見事1回で,実地試験に合格されました。
       多くの皆様が五十嵐様を良くご存知かと存じます。五十嵐様がチェックライドの直前、
       グアム-サイパン間のクロスカントリーを行なう際、ホノルルFSSにプランをファイルする
       事と併せて、トランスポンダーモードCが義務付けられ、その整備作業でチェックライドの
       実施が大幅に遅れてしまいました。ここに五十嵐様には改めてお詫び申し上げます。
       お陰様で、無事その整備も終わり、その新しいレギュレーションからは最初に合格をされ
       た方と成りました。ぜひ他の訓練生の方々も、五十嵐様の後に続いて、合格を目指して
       頑張って戴きたいと存じます。五十嵐様は当クラブの男性訓練生の中では一番年長者
       の方で、本当に飛行がお好きで、チェックライドを受けられた時点での、ソロ(単独飛行)
       タイムは、100時間を越えてお出でした。また今回のチェックライドに際しては、20時間
       以上を集中して飛行され、見事結果を得られました。ぜひこれから五十嵐様には、ご家族
       や友人・知人の方々と、大いにフライトを楽しまれて戴きます様、希望致しております。
        尚、近日中には、今回の実地試験の内容を報告して戴けるとの事です。次に挑戦を予定
       されている皆様は、ぜひその資料を参考にしていただければと存じます。今回のチェックに
       際し、教官からはあらためてしっかりしたATCが必要と感じたと言っておりました。また私の
       個人的な意見として、やはりチェックライドに於いては、「十分なソロ経験と、試験前の集中
       した飛行訓練がやはりどうしても必要である」と感じました。
       それでは連日晴天が続くグアムより、皆様のお出でを心よりお待ちしております。

                                               2007年3月27日


2007-010

                 N80328  トランスポンダ-サ-ティファイ完了

       会員の皆様には長らくご迷惑をお掛けいたしておりましたトランスポンダ-ですが、
       本日無事にサ-ティファイを完了致しました。
       これによりサイパン、テニアン、ロタへのクロスカントリ-飛行が可能となりました。
       是非グアムに足をお運び頂きクロスカントリ-飛行をお楽しみ下さいませ。
                                                 2007年1月29日


2007-009
                     MAS特別企画第2弾
                教官料金ブロックタイム販売!

        
インストラクタ-フィー: 32ドル/時間を10時間ブロックで27ドル/時間にて販売
       致します。

       
☆教官料金10時間ブロック: 270ドル

         セスナ172Mレンタルフィーと合わせてご購入の場合は、更にお得になっています。
       10時間ブロック:1230$のところ1180$


       ☆インストラクタ-フィー + セスナ172Mレンタルフィー 1,450ドル(10時間)
       
         通常合計価格より100$もお得です。
         今回限りの特別企画ですのでお見逃しなく!

       ●10時間ブロック単位でお求めいただけます。
       ●購入後、即日使用可能
       ●申し込みはメ-ル又は電話にて  締め切り:2/15(木)まで:

                                               2007年1月28日


2007-008         「AIRPORT INFORMATION」が、新しく改訂されました。

         IFC会員の皆様にお渡ししている「AIRPORT INFORMATION」が、内容を
        一新致しました。もし現在お持ちの「AIRPORT INFORMATION」で、製作の
        期日が2007年1月20日以前の場合には、ぜひ一度最新版をご確認下さい。
        尚、プロセジャーに関しては、現在再製作を致しておりまして、製作が完了を
        致しましたら、皆様全員に無料配布をさせて戴きます。又現在当社ATC教材
        の「HOW TO ATC」に付きましても最新版がまもなく再製作を完了致します。
        乞うご期待下さい。

                                           2007年1月26日


2007-007
        創立20周年記念特別企画 第1弾
         IFCパ-マネント会員 特別割引募集!

         IFCの年会費($100/年)が永久に不要となるパ-マネント会員(永久会員)を募集します。
         販売価格;$700(通常価格 $1000) ※但し1月26日迄に入金可能な方に限ります。
         特典; パ-マネント会員登録後の年会費は永久に不要。
              IFCサイパン(2007年オ-プン)でも有効な会員証
              今後各地でオ-プンするIFCでも有効な会員証
              オフィス内にお名前の掲示
              永久会員証の発行

        ※IFCサイパンを皮切りに今後益々発展するMASで有効な永久会員証です。
         IFCサイパンオ-プン後は、会員の有効期限が失効した場合は再度ご登録及び入会金($50)が
         必要となります。 ぜひこの機会をお見逃しなくお申し込み下さい。
                                                       2007年1月8日

2007-006

             CONGRATURATIONS!
               訓練生 鈴木さん
                FIRST SOLO 
             

                                   2007年1月8日


2007-005
               CONGRATURATIONS!

         訓練生の品川さんが「FIRST SOLO」にでました。

              
         SOLO直後の品川さん(右)     
         この後、記念にシャツをはさみで・・。

                                    2007年1月4日

2007-004

               
         年越しパ-ティ-の様子。     会社前で新年初のバ-ベキュ-!
         おせち料理と年越しそばでした。               
                                     2007年1月3日




2007-003     社有車貸し出しのご案内
        
        IFC会員の皆様にサ-ビスの一環として格安にて社有車の
        貸し出しを致しております。
        どうぞお気軽にご利用ください。
        料金表はこちらをクリックして下さい。
        尚、社有車貸し出しの売上金は、IFC会員の皆様との交流
        (バ-ベキュ-等)に使用させて戴いております。

                                                             2007年1月2日

2007-002     2007年グアム・元旦 初日の出の映像

         グアム上空からの元旦初日の出の映像を御覧下さい。
        訓練生・品川 剛寛さんが元旦初日の出飛行を行なった際
        撮影された映像です。朝6時頃離陸されて撮影されました。
        機体はN80328です。

                                 2007年1月1日

           

2007-001
   新年明けましておめでとうございます。  

          謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

          旧年中は、ひとかたならぬご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
         また、当社ホ-ムペ-ジのホットニュ-ス欄を御覧下さいまして
         有難う御座います。
          本年も、より良い飛行オペレ-ションが出来る様会社・社員一同
         一層努力する所存で御座います。
         本年も何卒、倍旧のご支援・ご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し
         上げます。

                                  
     2007年1月元旦

                 MICRONESIAN AVIATION SYSTEMS,INC.

                 代 表    宮治  稔
 (MINORU MIYAJI)