第1期特別訓練生(向井美紀)からの メッセージ


彼女はパイロットの道を志し、第1期特別訓練生として、他の2名の訓練生と共に操縦訓練に励み、インストラクター・ライセンスを取得後は、米国労働ビザ(L1)を 取得し、グアム国際空港に於いて、日々観光フライトや飛行教育訓練に精力的に携わって戴きました。

現在本人は、エアラインに引き抜かれ、当社を既に離れております。 初めて当地グアムへ面接にお一人でお見えになった頃を思い出す時、感慨新たなものが御座います。あらためて彼女の様に、こつこつと努力をすれば、道は開かれるという思いを致しております。

本メッセージは、彼女に新たに航空界に挑戦をされようとしている皆様に対し、当社がリクエストして、感想を書いて戴いたものです。




向井美紀



こんにちは。
私がグアムへ来て約3年、多くの人たちとこのグアムの空を楽 しんできました。 訓練を始めた頃は、飛行機の事は何も知りませんでしたが、インストラクターやスタッフの方々の助けもあり 、私自身訓練をとても楽しく受けることが出来ました。 訓練中には、つらいこともあるとは思いますが、成し遂げた後の達成感は、何事にも代え難いものがあるでしょう。 まだ空を飛んだことがない皆さん、まだ自信が無く迷っている皆さん、 1度グアムの空を一緒に飛んで見ませんか。