特別訓練生
お申し込みより勤務開始迄の概要


   この度は、MAS特別訓練生にお問い合わせを戴き、誠にありがとう御座います。本特別訓練生へのお申し込みから勤務開始迄の手続きに付きましては、概略以下に記したような内容となっております。何卒宜しく、お願い申し上げます。

  1. お申し込みの方は、本人の履歴書をご用意の上、ミクロネシア.エア東京事務所迄、御連絡をお願い致します。御連絡は電話(03-5614-6234),又はFAX(03-5614-6226)、 若しくはEメイル(ここをクリック) にてお願い致します。


  2. ご連絡を戴いた上で、ミクロネシア・エア東京事務所(担当 武内)と皆様との間で日程を決めて戴き、第1次の面接をさせて戴きます。その際に合わせて別途に御用意を戴く書類の、簡単な審査をさせて戴きます。


  3. 第1次の面接に合格された方は、本人(20歳未満の方は保護者同伴にてお出で下さい)が直接グアム島のミクロネシア・エア迄お出で戴き、第2次の面接を受けて戴きます。尚、皆様のグアムへの渡航に関する一切の費用(グアムのホテル代を含む、一切の渡航 関係費用、全ての交通費)に付きましては、面接を受ける御本人の負担となりますので、予め御承知置き下さい。もし御依頼があれば、ホテルの予約など当社で出来る事でしたら承りますので、その節はぜひお申し出下さい。

    グアムへ御到着の後、皆様の御宿泊のホテルから当社迄の送迎に関しましては、全て当社にて致します。その為、タクシーやレンタカーなど車をお使い戴く事は一切御座いませんが、皆様が個人的にレンタカーなどを御利用の節は、手配をする事が可能ですので、御希望の方はお申し出下さい。


  4. グアムへお出でになられて、落ち着かれましたら、当社へ御連絡をお願い致します。直ぐに当社から、皆様ご宿泊のホテル迄、お迎えに参ります。当社へお出で戴き、当社より本特別訓練生に対する更に詳しい御説明を致します。訓練に関することや、勤務に関する事、更には当社の将来の目標などあらゆる事柄に付いて、様々な状況や情報について、説明を十分お聞きになって戴きます。尚、皆様がグアム滞在中に於ける当社との面談中の全てのお食事は、当社が御用意をさせて戴きます。


  5. その上で尚引き続き、当社特別訓練生に対してお申し込みの意志が変わらないという事でしたら、航空身体検査(セカンドクラス)を受けて戴きます。航空身体検査にパス致しませんと、いくら皆様が当社での勤務を希望をされても、航空身体検査証が発行されず、その結果、パイロット免許が取れない、つまり勤務して戴く事が出来なくなってしまいます。その為当社では万一後からこれらの問題が起きない為に、前もって皆様に検査をお受け戴いております。

    航空身体検査の際、指定検査医より皆様に簡単な英語の能力がテストされます。尚、航空身体検査の予約、ホテルと航空身体検査所迄の送迎及びエスコートは、当社に於いて全て行います。尚、航空身体検査費用の実費は、皆様の御負担となります。


  6. 航空身体検査完了(航空身体検査証受領)後、皆様には当社インストラクターにより、飛行テストを受けて戴きます。飛行時間で約1時間から1時間30分の飛行となります。尚、本飛行については全て当社にて行いますので、一切費用は掛かりません。フライトテストは、飛行中に於いて皆様が、特別な大きな問題となる症状とかがあるかどうかを見るもので、決して皆様の飛行センスを問うものでは御座いませんので、御安心下さい。

    過去、当初飛行センスがいま一つだった方が、安全で且つどのインストラクターからも上手だと言われるようになり、多くのお客様からもその指導技術を絶賛された方がおりました。当社としてはその様にこつこつ努力を積み上げて行けば、ほとんどの皆様が、その様になれると確信致しております。多少上手くなっても決しておごらず、高い航空知識と確実且つ信頼される飛行指導技術を持ち、訓練生の方々に常に熱意を持って指導をして戴ける、その様な方々を、当社の最も大事な選考の基準に据えております。


  7. 飛行テスト終了後、皆様と最終の面節をさせて戴きます。その際、皆様からの御質問には、可能な限りお答えさせて戴きます。又当社スタッフからも皆様に最終の御質問をさせて戴きます。之にてグアムでの第2次面接は、全て完了となります。


  8. 最終面談完了後、当社としての採否の結果を、皆様がお帰りになる前迄の、御都合の良い時にお会いさせて戴き、お伝えさせて戴きます。もしその後皆様にお時間が御座いましたら当社スタッフが、グアム観光の幾つかを御案内させて戴きます。もし御一緒が叶わない場合でも、ぜひ皆様にグアムを楽しんで行ってもらえればと希望しております。


  9. 本特別訓練生に対し、当社より合格の決定を受けられましたら、その決定を受けられた日から1週間以内に、皆様が当社特別訓練生に参加されるかどうかの最終的な御判断を戴きます。 本決定に付いては、皆様の将来を左右する事にも繋がる大事な決定ともなりますので、くれぐれも慎重に御検討を戴きたいと存じます。本当に皆様を信頼し、心配をしてくれる皆様の御両親や御家族の皆様、そして友人の皆様からのご意見も十分に参考にされて、お決めになられる事をお勧めいたします。


  10. 十分御検討を戴いた結果、最終的に当社特別訓練生に参加をされると決定された場合、その決定通知を戴いた日より1週間以内に、訓練費用の50%をお支払い戴きます。訓練費の入金確認後、当特別訓練生に関する契約手続きを進めさせて戴きます。

    御参加の決定を戴き、誠にありがとう御座います。尚、一旦お支払い戴いた訓練費用に付きましては、当社が特別に定めた返金額以外、御本人の病気等いかなる理由によっても返金出来ませんので御承知置き下さい。訓練費用のお支払いに際しては、くれぐれも本条件を十分に御留意の上、実行されて下さい。


  11. 契約手続き完了後、本人(特別訓練生)と、当社との間で、訓練地及び訓練開始のスケジュールなどに付いて、日程の打ち合わせを致します。現在皆様が、もしお勤め中の場合には、現在の勤務先での業務の引継ぎなどの調整が必要かと存じます。当社としては、皆様のスケジュールと、当社の通常の業務も含めた皆様の訓練スケジュールとの総合調整を計りたいと存じます。 尚、皆様の訓練開始のスケジュールが、一旦決定致しましたら、当社としてはその決定日以降より何時でも、皆様の受け入れ準備は完了致しております。安心して訓練にお出で戴きたいと存じます。

    尚皆様の訓練開始決定日 のスケジュールについて、変更等を希望される場合 (少し訓練開始の時期を、後ろにずらす等)は、当社へお知らせ下さい。当社に於いて、皆様のその様な希望に対応する事は一向に差し支え御座いません。再度御都合の良いスケジュールを、打ち合わせ致したいと存じます。


  12. 訓練開始の為に、指定訓練地へ出発になる日の2週間前迄に、訓練費用の残りの額(訓練費用の50%)を、お支払い戴きます。尚本支払い金も前納された費用と同様、当社が定めた返金額以外については、いかなる理由によっても、返金は一切出来ませんので、十分御承知置き下さい。


  13. 訓練地に於ける、訓練中の環境及び訓練スケジュールについては、訓練地にて配られるご案内(訓練期間中の環境と心構え、及び訓練スケジュールについて)にて、説明致しております。必ず御一読下さい。尚訓練期間中は、当社の決める運行スケジュールに全て従って戴きます。また会社の規則や会社の宿舎に於ける規則に付いても、同様に遵守して戴きます。

    尚、これらの規則や宿舎等の施設は、予め第2次の面接時に於いて皆様に御紹介をさせて戴きます。ただ、その後新たに変更や追加の規則が作られた様な場合でも、之らの規則をも併せて遵守戴きます。

    当社グアム(サイパン)へ訓練にお出から、最終のインストラクターライセンス(教官免許)を取得される迄の訓練期間としては、過去の例では約1年半位の期間が、標準的に掛かっております。


  14. 最終的に全てのパイロットライセンスを取得完了されましたら、皆様の労働ビザを直ちに申請致します。ビザの申請からビザがおりる迄の期間については、様々なケースが御座いましたので何とも言えませんが、通常1ヶ月から3ヶ月の間で下りています。グアム、サイパン共に現地に於ける専門家の方々に依頼して、申請を致しております。

    ビザが下りますと、各移民関係局から、その許可証が渡されます。その後はグアムと サイパンでは、手続きが多少変わって参ります。この辺の処はやや複雑になりますので、 その時点にて詳しく皆様には御説明を申し上げたいと存じます。

    概略の処を申しますと、通常サイパンの就労ビザの場合、その許可を得てからは直ぐに現地へ着任する事が出来、サイパン入国時に於いて、就労ビザカードを受け取って、一連の申請が完了致します。米国ビザの場合には、ビザ承認の通知を得てから、パスポートに労働ビザのスタンプを日本の米国大使館にて押す作業が必要で、それに約3ヶ月の期間を要しております。尚、当該労働ビザの申請費用(約40万円)は、既にお支払い済みの訓練費の中に含まれております。


  15. 皆様の最終のビザ取得作業が終了し、皆様のいよいよ現地への勤務が決まりましたら、ぜひ健康に十分注意され、航空業務に思う存分ご活躍を戴きたいと存じます。

    尚、別項でも示しておりますが、訓練開始時に当地へお出での際の渡航費用(航空券を含む)と交通費、訓練完了後に、一時日本へ帰国する(労働ビザの取得に対し、通常約3ヶ月から6ヶ月の期間を要するので、その間は日本に於いて、待機をして戴く事になります)際の渡航費用(航空券を含む)と交通費、及び労働ビザ取得後、当社へ着任する場合の渡航費用(航空券も含む)と交通費については全て御本人の負担となりますので、予め御承知置き下さい。

    尚、訓練期間中に皆様が、個人的な理由により日本へお帰りになられる事は一向に差し支え御座いませんが、それらに掛かる費用についても同様に、皆様の御負担となりますので御承知置き下さい。


  16. 現地に着任した時点から、当社社員として勤務して戴く事になります。 今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。会社スタッフ一同、皆様の到着を大歓迎すると共に、皆様の御活躍を、大いに期待を致しております。ぜひ皆様も健康には十分注意され、お互い共に協力し合って参りたいと存じます。最後に、皆様に対し、海外勤務おめでとう、と心よりお祝い申し上げますと共に、勤務開始に至る迄の皆様の御苦労と御努力に対し、感謝し、厚く御礼申し上げます。